トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007年9月16日 - 2007年9月22日の6件の記事

2007年9月22日 (土)

マンボ!

唐突ではありますがマンボにはまりそうです。Good Musicに乗せてと謳っておきながら、一度も音楽に触れていないので、ちょっと音楽の話しを。

2000年の9月号のレココレのメイン特集が僕の大好きなグレートフル・デッドで、ちょこちょこと引っ張りだしては事実確認をしており、トイレに置かれていることが多い号なんです。その時の4つ目の特集がマンボの神様であるティト・プエンテでして、興味もないんだけどトイレで読むところがないので暇つぶしにプエンテ師匠の特集を読んだと。31mvt5crwml_aa115_

なんだかよくわからないけど、兎に角異文化な香りプンプンで気になってた。細野さんのトロピカル三部作とか大好きなだし、ボッサとかも大好きなので、後は出会い方だけなんだろうな、という予感がずっとあったのです、マンボ。

何年か前にレコードで彼の代表作と言われている「ダンス・マニア」ってアルバム買ったんだけど、面白がった割にあまり聴かなくて。で、今回はBookOffで写真のベスト盤21曲入りを500円で発見!即買いでした。

これが、いい出会い直しになりました。「いいっ!」。僕の中ではまだまだリゾート・ミュージックに枠を出ない感はありますが、しばらく愛聴しますよ、これ。

マンボの魅力はなんでしょうか?

まずは、やはりあのパーカッションの疾走感。そしてリズム・チェンジの妙。実際にバンドをやっている身には信じられないリズム・チェンジがさりげなくあります。

そして、ソロではなくアンサンブル。特にブレイクの、あの一体感はその中の一人が自分だったらと思うと鳥肌が立ちます。これは浅草のサンバカーニバルで聴いたパーカッション軍団にも感じた感動と同じ。

後ねえ、僕のお耳がお子ちゃまなんでしょうか?ボッサのポルトガル語もそうなんですが、言葉の響きに笑っちゃう様な面白さが含まれていて、なんかニヤニヤしちゃうんですよ。

相棒にサルサを踊りに行こうと誘われているんですが、行ってもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無知の頑固

相棒と昔話をしていて思ったこと。

「無知の頑固ってやばいよね。見聞を広めた上でこれと定めた頑固は凄いけど。」って。

自分がこの仕事を始めた頃はまさに無知の頑固で突っ走ってて、人の意見なんか聞かなかったことを思い、呟いた。

知らないことを知られたくないから頑固になる悪循環。そうなったらもう知る機会はなくなり、変わることが出来なくなる。

精神の固定化。

いつしか変わることが恐怖へと変わっていく。最初の一歩を踏み出せない若モノのように。

「何も変われない者は、何も変えられない」僕の好きな佐野元春の言葉。まさに!

無知の頑固で突っ走っていた頃。

コアなメンバーが結束を固めたが、離れる人もあった…。

そう、頑固には良い意味と悪い意味がある。

僕は頑固になろう!

その前に充分に見聞を広め、いつでも自分自身をチェックする“謙虚”という機能を持ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

車なんて走れればいいのさ。

「いやいや、止まれなきゃ駄目なんです。」

今日は、内気な若モノを一名連れて自動車整備工場に職場体験に行ってきました。

タイヤを外し、ブレーキの仕組みを説明してくれているときに、整備士の方が言った言葉。

「皆さん車は走ればいいっていいますけど、私たち整備士は、ちゃんと止まってもらわなきゃ駄目なんです。」

なるほどね。恐らく整備士の方々がいつも使っているトークなんだろうけど、なんかいいなと思って「ふぅ~ん」と深くうなづいた次第。

仕事をはじめられても、たまに立ち止まれないと駄目なんだよなって。若モノの就労支援をしていて思っていたことにしっくりとはまった。

これって若モノだけじゃなく、みんなそうですよね。

立ち止まって見るものは、過去?

それとも未来?

僕は空を見上げ、現在から未来につながるルートを探す。

そのヒントが過去にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

キャリア・カウンセラー

キャリア・カウンセラーの資格を取ろうと思ったのはなぜだったか?

今日、CDA(キャリア・デペロップメント・アドバイザー)というキャリア・カウンセラー(以下CCと略します)の資格に申し込みをしたのを機に、ちょっと振り返ってみようと思う。くじけそうになった時のためにも。

はじめ、僕はCAを馬鹿にしていた。

「CCに何が出来るんだよ、こちとらクライアントの人生背負ってんだい!」って。

僕はニートやひきこもりの状況に陥った若モノたちを寮で支援するスタッフなのだ。僕らは寝食をともにし、24時間彼らに付き合っている。カウンセリング・ブースで50分相手の話を聞いてるだけのお前らとは違うんだぜ。そう思ってた。

ちょうどその頃、某委託事業である通所型の施設を担当することになり、僕にCCの相棒が出来た。

彼女と毎晩のように支援方法について議論した。まだ経験の浅い彼女の学んだ理論を論破することは容易かった。でも、それが何になるんだろう?自分の力を誇示して何が楽しいんだろう?って、真剣にクライアントについて考えている彼女を見て反省した。だって僕らは同じゴールを見つめているのに、その方法論が違うだけじゃないか。

彼女から自分たちのような宿泊型の支援スタイルの欠点や依存を生む危険性についても気付かされた。それは、同時に自分たちのスタイルの長所を明確にする作業にもなり、僕と相棒の役割分担と、スキルのシェアが始まった。

テーマは『最大公約数はどこまでも濃く、お互いのスキルを尊重し、クライアントのために利用し合う』だった。そのための学習会も開催し、僕らの理念が職場の共通理念となることに今も全力を注いでいる。

僕はCCに指示をする立場。場合によっては指導もする。

「CCに自分の話がどのように響いているんだろう?」これが気になる。彼らに対して真摯でありたいし、教科書には載っていない、自分の経験値を素直に受け止めて欲しいとも思った。そのようなことを独立後のビジネスの一つとして見据えていることもあり、自分の言葉をいかに響かせるか、ということからCCを取ることにした。

でも、そこからが長かった。

もともとアクティブな性格じゃないし、優柔不断のダメ夫なんです、僕。

ある時、CCの方々に対して勉強会を開催し、その打ち上げの席でCC五人ぐらいに、「マーチンは取る必要ないよ」って言われた。資格よりも実務経験だよって。お金だって勿体ないって(これに弱いケチな僕…)。

取るの止~めた。そう思った翌日、別のカウンセラーに「取得者からしてみたら、経験だけの人は“なんちゃって”カウンセラーよね。そう言わないと自分たちの立場がないし」。なんちゃってかよ~ってこれはでかかった。折りしも講演依頼が例年よりも多く、来年度には大きな舞台での講師の予定もある。もう、経験値だけで人前で物言うのにも限界を感じていた。

そしてきっと、僕の8年間の経験値から見出した僕自身の支援者としての哲学は、きっと誰か偉い人が何かの理屈を付けてくれているだろう!そんな浅はかな思いもあったりして。僕は執筆もやっていきたいと思っているから、文章にも理論があった方が、より多くの方々にアピールするものになるだろうと考えている。このためにはCDAだけではなく、今後様々な学習を常に続け、自分自身の哲学をより研ぎ澄ませていく必要を感じている。

起業する不安。これも大きいかな。ひとつでも自分自身に売りとなるアイテムを身に着けていたいと思った。ニートくんたちが無闇に資格武装する気持ち、今更ながらわかった気がした。みんな不安なんだよな。

そして相棒。彼女に指導者として認められることが今の自分のモチベーションに間違いなくなっている。

よし、気合が入ってきたぞ!テキストが届くとその量の多さにウンザリするらしいけど。楽しみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

コツとカン

さっき電球を換えたいのだが電気のカバー外せないという若モノに頼まれ、部屋に行った。俺はそんな仕事をしている。

椅子に登って外しにかかる。確かにコツがいるが、でもなんとか外せた。

ブキッチョとはビミョーに違う、コツを掴むことが苦手な若モノたち。

多いよなあ。なんて思う。

コツを掴むコツはなんだろ?

きっとそれはコツではなく経験によって養われたカンだろう。

「確か、あん時はああだったから、こんな感じかな?」

アラヨットみたいな、あのノリ。

経験がないからカンがない。カンがないからコツをつかめない。

コツがつかめないから物事がうまく進まない。

違うかな?

やっぱ経験って財産なんだよな。

俺の経験。どんな財産になるんだろ?

経験を財産に変える装置を俺は開発中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

Little Ripple Champloo

わずかな(Little)さざ波(Ripple)程度でもいいから、自分が生きて来た証みたいなものを、この社会に足跡として残してみたい。そしてそれは、自分自身の判断、決断で決定し、僕自身(または僕のパートナーと)の責任で行なわれなければならない。

僕は今、起業を考えている。

夢は無限に広がるどころか、自身のおごりや経済的な問題などに気付き頭打ちしているが、手探りで突破口を探している。指に何も絡まないわけではない。僅かながらの可能性の襞のようなものはある。

僕は20年度をもって今の会社を辞めようと思っている。

どうなることやら。そんな気持ちの揺らぎを、このブログに音楽レビューや日々の出来事をごっちゃ混ぜ(Champloo)にして書き留めていきたいと思う。

申し遅れましたが僕の名前はマーチン。若モノの就労支援を行なっています。
現在、CDAというキャリア・カウンセラーの資格取得に向け学習中です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »