« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

2008年3月2日 - 2008年3月8日の3件の記事

2008年3月 8日 (土)

事業計画ブレスト

昨日の朝、少し余裕を持って勤務地に到着したのでカフェで過ごすことに。

ケチな僕がカフェを利用するようになったのは最近のこと。

ケチだった僕がカフェを利用するときっと人よりも贅沢気分が増しているんだろうな。

カフェでのんびりと過ごす「自分の時間を大切にしている人々」をウォッチするのも好き。

最近使い始めたコクヨのA4のカットオフ出来る方眼紙のノートに、最近、思いついたら書き留めている事業計画のブレストをした。

真ん中に法人名が入れてあるが、法人名はまだ内緒。その法人名を軸に上下左右に事業名を。ちなみに左の事業名が「その他の事業」になっている。

なんのことはない、ただの数合わせのために書いておいたものであるが、こういう無駄というか意味のないパーツがあることが実は重要なんであって、自分はそういうパーツをいつも無意識に忍ばせているな、と気づいた。

「無意識を意識化すること」は来年度の新たな僕の目標としよう。

ここに半分以上冗談で二つの事業の枝葉をつけた。ひとつは「カフェ事業」。そしてもうひとつが「出版事業」である。出版に関してはかなり真面目に考えているのだが。

その「出版事業」の下に書いたブレストの「スタッフ全員が一冊出版する!」。これこそが僕の描いている法人の理想像であると、このとき気づいた。

同時に誓った。「ひとりひとりの才能、モチベーションが100%発揮される会社を作ろう」と。

ま、理想的な青臭い発言だということは重々承知の助ですよ。でも、いいじゃないですか。自分の会社なんだから!青臭い僕の思いを実現させるために立ち上げるんだから。

やっぱりブレストはいいですね。深層心理が言語化される新しい自分が排出されていく感覚。

無制限に、そして無責任にどんどん排出されていく。

そんな時、僕は自分の可能性を感じられている。そろそろ責任を持って、経済活動としてどう成立させるかを真剣に考えなければ。

至福の時をカフェで過ごす。うん、僕の最高の贅沢な時間の過ごし方だな。

Today's BGM is
ORIGINSL LOVE /ELEVEN GRAFFITI (1997)
07アシッドジャズや渋谷系のデビューの頃の印象が完全に抜けた、 この7thアルバムは名盤だと思う。田島貴男のミュージックラバーズ的な本質と、ボーカリストとしてのオリジナリティとテクニック、オリジナル・ラブという集合体と田島貴男の個人のバランスを最高のバランスで捉えているアルバム。音響的なアプローチは今も新鮮だし、山下や大瀧にも通じる永遠のメロディー性も随所で感じる。素敵。ちなみに、はっぴえんどのトリビュートアルバムで田島が歌う「抱きしめたい」の殺気は鳥肌もんですよ。

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

合理化

グリム童話で、採ることの出来ない葡萄を見上げたキツネが「どうせあの葡萄は酸っぱくてまずいんだ」と言って諦めるシーンがある。

これがフロイトの言うところの、自我を守るために働く防衛規制の一つ「合理化」だそうだ。

昔、ROLEXの時計が無性に欲しくて、友人のROLEXを腕に付けさせてもらったことがある。

あの時、僕は「こんな重たい時計してたら腕が疲れちまう」と思いROLEXを諦めた。

我ながら見事な合理化である。

最近の日記では、広くなったオデコがセクシィになったと書いたな…。

僕らはこうやって毎日合理化しながら上手に自分と付き合っている。

妥協とは言わないあたり、年を取りますます合理化に磨きがかかってきた。

僕の回りのワカモノは合理化が上手いんだか下手くそなんだか…。

合理化しちゃいけないことまで合理化してはいないかな?

少し自己点検してみよう。

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

養成講座終了

一月から毎週日曜日に通ったキャリア・カウンセラー養成講座が、気の抜けるような簡単な模擬試験と共に終了した。
今年に入ってまともに休んだのは何日あったんだろ?
先生も含め、みんなで秋葉原の地中海料理のお店で、打ち上げに行きました。

みんなの挨拶と同じく、大変だったけど、なくなってしまうと寂しいな…。

社会人になってから、これほど同じ時間を過ごした異業種、異世代の方々はいないので、なんか不思議な感慨。 なんの利害関係もない大人同士って、結構いないもんかもしれない。

みんな職場に戻ればいっちょ前の役職があってさ。

あぁいうノリは苦手なんだけど、みんなともっと話していたかった。なんか、みんな人生というしみじみとしたものを感じさせながら、溌剌と明るい人たちばかりだった。
こういう一体感って、ウザイと38年間思ってたけど結構、ステキ。

ありがとう。東京Cのみんな。先生&アシスタントのHさん。

この講座を通じて、自己開示をいっぱいした。こんなに自分が独立することをオープンに話せたのも、自分自身の意思決定には重要な時間だったような気がする。
俺はみんなに宣言したことを絶対叶えるぜ!

| | コメント (0)

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »