« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »

2008年3月9日 - 2008年3月15日の2件の記事

2008年3月15日 (土)

キース・リチャーズ

539w



















いやあ、かっちょいい。惚れボレしますねえ。

日経新聞を広げたらルイ・ヴィトンの広告がキースだった!

思わず勝手に切り抜いて来てしまいましたよ(笑)

テーブルの上に置かれたドクロ。ランプシェードに掛かった布の柄もドクロ。

そしてキースが一番ドクロっぽいと来てる!

多分、キースを、ローリング・ストーンズを知らないお姉ちゃんがこの広告を見ても、

「この人は何なんだ!?」と目を丸くするような異様なルックス。

昔は全身の血を入れ替えている…だの噂があったりして。

こういう年の取り方したい、と思うような思わないような、異次元の彼方の人である。

キースのトレード・マークはオープンGのコード・カッティング。

ご多分に漏れず、ロックギター小僧だった私もやりましたよ。

擦り切れる程観た「Let's 〜」のせいもあり、実はちょっとアクションにも影響ありなんです(笑)。

で、このオープンGをやってみた方はお分かりだと思いますが、

ある一定の範囲内では極端に自由を獲得する感じがあるのですが、その範囲を一歩外に踏み外そうとすると、極端に自由性が低い。

というスタイル。(まあ、私のテクニックの問題も大きいですが…)

なんかそこにキース・リチャーズを感じるんだなあ。

ジェネラリストではなくスペシャリスト。小手先のテクではなく、気合い一発!

そうやってぶきっちょに貫き通して生きて来た証が刻まれているこの顔に、畏敬の念を抱くのは私だけではないはず。

Today's BGM is
KEITH RICHARDS/MAIN OFFENDER(1992)
41jkb1699tl_aa240_1 1stも好きなんですが、なんとなくこっちのギターの音の方が好きなような気がする。80年代にミックのソロが時代の感覚を取り入れたエレクトリックな音だったことから、キースのソロを聴いた時は、「キースこそがストーンズなんだな」という確信を抱いたのを思い出す。そしてこのアルバムタイトル「  MAIN OFFENDER」は、ずばり「主犯格」の意。個人的には、キースとロニーの今のアルバムを所望する次第。

| | コメント (0)

2008年3月11日 (火)

重たい碇をぶん投げろ!

CDAの試験勉強をしている。

エドガー・H・シャインという理論家が言っている「キャリア・アンカー」に思うところがあり、ちょっと。

キャリア・アンカーとは、思いがけない移動や、未経験の仕事を与えられて戸惑っている人に対して、これまで築き上げてきた実績を冷静に振り返って、新たなキャリアの形成を開始するための拠り所となる係留点を確認する。そして、今後の自身の位置づけや、進む方向がいくつか考えられそうな中で、最適な選択の指針を得るために、キャリアのアンカー(碇)を下ろす地点を過去の仕事経験の中に見つけ出して、働く自己像を再認識してもらう、という支援スタイル。

カウンセリングの中から、クライエントの碇となるような重たいモンを見つけて、海の中に下ろして身の振り方にブレをなくしてもらおう、というサポートですね。

なんか未消化な解説で申し訳ありませんが、 アンカーという例えがリアルに膨らんで、日記を書き始めてるんです。

この際に重要なのが、キャリア・アンカーを構成する以下の3つの要素なんですけど、

  1. 成功体験に基づく自覚された才能と能力
  2. 自己判断や他者からの評価に基づく自覚された動機と欲求。
  3. 自身の考え方と、働く集団・組織や仕事環境の規範および価値との衝突の経験に基づく自覚された態度や価値。

長期フリーターやニート君にとって、やっぱり、1がネックになる。成功体験があまりにも少な過ぎる。また、カウンセリングで掘り下げていくと、それって成功体験じゃないじゃん。悲しいけど企業は評価しないよ、っていう現実も出てくる。

だから、アンカーが作れず、大海原で漂流してしまうんだな。

僕も、たまたま八年この仕事をやって、アンカーと呼べるものが出来たけど、ほんとたまたまだよ。

よく、「自分も一歩間違えばひきこもりっていたかも」とか、「自分がニートになっていてもおかしくない」なんて言葉を聞いて、「オレはこれっぽちも思わないなあ」と言ってきたけど、

はじめて、自分が漂流していても全然おかしくないと思った。

はじめはちょこちょこ小さな島を見つけては、食料を調達出来てたけど、最近は…。

そういえば、ちょっと前の東洋経済の特集が「雇用漂流」だったような。

僕らはタグボートの役割なんだろうけど、近くの港へ引っ張って行ってはあげるけど、そこまでしか出来ない。

キャリア・アンカーって重要だな。構成要素の2.3は、キャリア教育の一環の中から育めるものなんじゃないかと思うのであった。

| | コメント (0)

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »