« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »

2008年7月13日 - 2008年7月19日の2件の記事

2008年7月19日 (土)

アイデア会議

「アイデア会議」という本を読みました。 479791801_3

自分自身、アイデア・マンと呼ばれることも多く、「アイデア」については、それなりの思い入れがありましたが、持論と言うところまでは達していなかっかんだと感じたし、持論化することの強み、みたいなものを本書から学んだ気がします。

まず、アイデアには三つ種類があるんだって。ってこんなことを考えてもみなかった!

  1. 自分に出せたアイデア
  2. 自分には出せなかったけど、すごくよくわかるアイデア
  3. 自分には想像もつかなかったアイデア

このうち、一人でだせるアイデアは1だけ。一人に考えられることには限界がある。だからアイデア会議が必要というのが本書の流れなんだけど。

なるほど~。すでにこの本のアイデアにやられている自分が苛立たしい嫉妬を感じる~。

逆に言うと、一人で考えるということは2、3の可能性を捨てることと同義となる。この辺の流れも、「ヘンな会社の作り方」での「僕のこと」を「僕とあなたのこと」にする可能性の拡大とシンクロする。そして僕の考えている「シェアするココロ」の源流へと流れ込む!

ちなみに、世に出したときに受け入れられる新しいアイデアは2が多いんだって。

で、アイデアを捻る人=プランナーには二種類いて、アイデアをバンバン出してくる「言い出しっぺ」と、アイデアをあまり出さないが、誰かのアイデアを効果的に言い換える「言い換えっぺ」とタイプが別れる。

僕は、どちらもいけるクチ。と相変わらず高めの自己評価。

起業仲間を見渡すと、相棒は典型的な「言い換えっぺ」だと思う。Oというよくいろんなことを考えている男も実は「言い出しっぺ」ではなく、「言い換えっぺ」な気がする(彼は「壊れた翻訳機」と呼ばれている!)

そして僕と、Yが「言い出しっぺ」なのかな。と自分たちの布陣を整理してみたりして。

で、言い出しっぺと言い換えっぺがアイデアを転がして、アイデアを拡散させ、次第に収束させコアアイデアを作り上げる。

この舵取をし、数あるアイデアからチョイスするのがディレクタ-の役割。ここが相棒の強みになっていくと僕らは自由にアイデアフルを満喫できるのかなあと思う。

まあ、この役割をしっかり意識するだけで随分会議が楽しく絞まりそう。ってことで「早くアイデア会議を開きたい~」とうずうずしている。

そうそう、反対意見や批判を言う人はアイデアキラーと呼ばれる。特に拡散の時期にはしてはいけない。発言は質問か代案にするべき、と別の本に書いてあった。

気をつけないと、僕はついつい先読みして批判やリスクについて考えてしまう。アイデアキラーになっていた自分に気づいた。こういう優しく相手に注意を促せる言葉っていいな。

自分たちの起業のアイデアは、まだ転がっていないなと思う。メンヘルも僕の出したアイデアなんで1を抜けてない。

その他の幾つかの事業プランは、2.3への飛躍があり、心が躍った。


僕は、もっとアイデアを転がす作業と言い換え作業をしたい。それにはきっとリサーチが呼び水となると思う。

まだまだ大きくなるアイデアの玉。雪だるまみたいに転がして大きくしたい。

あとがきにこんな耳の痛い言葉かありました

あなたの最大の問題は「読んで、分かって、やらないこと」。

手を動かした者だけが素敵なアイデアを手に入れることができるのです。

Today's BGM is
Tom Petty / Wildflowers
51brquloz2bl_sl500_aa240_160's70'sと現代をつなぐ架け橋のような存在のトム・ペティ。でもちょっと入りきれない。「トラベリング」とか「フルムーン・フィーバー」のジェフ・リンとの相性とかは好きなんだけど、なんかダサい。という思いを払拭したのが、ベスト版での「サムシング~」や新曲「メリー・ジェーン」。でもって、このアルバムのリック・ルービン。彼の作るギターの音は最高なのである。でもって漸く「キタアァァ!」なんです。二曲目がいいなあ。

| | コメント (0)

2008年7月18日 (金)

某定時制高校でキャリア教育を実施してきました!

7月15日(火)に、都内某定時制高校で1年から3年生の約80名にキャリア教育を実施してきました!Vfsh00451 ご覧の通り、黄色いTシャツを着てねcatface

このTシャツ、この商店街でピ~ンと来た方は情報通ですねえ。

今回のセミナーには新しい取り組みが三つあります。

  1. 企画ブレストに先生方も参加してもらった
  2. 学年別ではなくタイプ別で行った
  3. タイプにより違うワークを行った(計3つ)

1.の効果としては、先生方が本番で傍観者にならず参加してくれていたこと。

これにはもう一捻りあって、事前のプレゼンで「先生用のマニュアルを用意しておきます」と僕が勢いで言ってしまって、しょうがなく作って当日配布した、というのも効いていたのかも?

これは毎回作成することにしました!

2.については「Yes Noチョイスシート(本当はなんて言うのかな?)」を作り、生徒にその結果とセミナーの内容を鑑みて自主選択にさせたんだけど、正直、どこまでこちらの意図していたように分かれたかは不明。

恐らく、現在集計中の生徒&先生方へのアンケートの結果から多少見えるものがあるかも。

実際、実施してみると定時制特有なことだと思うけど、学年差みたいなのが特に見えない。こういう交流は大切だと思うので、いい取り組みだったと思う。

Vfsh0047 3.については、結構、タイプにマッチしたワークを実施できたという実施者の手応えがあり(ちなみに僕は全体の仕切り&アシスタント)。ってことは2.もそこそこ上手くいったのかなあ?

当日は、噂を聞きつけてきた東京都の教育委員会(?)から三名の見学があり、大絶賛していただきました!これにかこつけて、起業の足がかりを作るべく、こちらからも押しかけて営業して来ようと思います。

でも、大変だった。理由ははっきりしています。オリジナルのオーダーメイド・ワークだったから。キャリア教育を生業にしていこうという気持ちが挫けそうになるぐらい大変だった。正直、相当他の仕事を棚上げしたと思う。

セミーオーダーくらいで出来るよう、ネタをいっぱい考えたい。でもってそれらをすべてネット上で公開して無料でダウンロードしてもらいたい!でもって、俺のも俺のもって世界中のワークを集めた増殖型サイトを運営したい!

次回は、歯科衛生士専門学校でのキャリア教育セミナーが待っております!楽しみ~。だって、定時制のやんちゃ坊主を相手にしていたら、後は…でしょ?!

Today's BGM is
The Beatles / With The Beatles
41a75jzc0fl_sl500_aa240_1 ビートルズ熱はまだまだ続きます。いいなあこのジャケ。ジャケ的にはアビーロードと同じくらいパクられてるんじゃないでしょうか?なんかあどけないジョン。マッシュルームカットが似合ってないぞ!「デビル・イン・ハー・ハート」が好きだなあ。1stの「アンナ」も「ポストマン」とかの初期のR&Bカバーは秀逸ですねえ。アメリカ版は「Meet The Beatles」だっけ?レコはそっちなんで、初のCDゲット。カーステで聴いたら、リンゴのバスドラがズンズンなっててビビッた。

| | コメント (0)

« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »