« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »

2008年8月17日 - 2008年8月23日の2件の記事

2008年8月21日 (木)

キャリアカウンセラー認定二次試験

駅の階段を一段抜かしで登る。御茶ノ水で見掛けるアイビィルックの素敵なおじさんの真似で始めて久しい健康法。乳酸の出方でその日の疲労度がわかる。このところ快調。前回のトムのライブがヘビーローテーション中。

8月17日の日曜日、夏休みの最終日にキャリアカウンセラー認定資格の二次試験に行ってきた。

苦手な“できそうな女性”がクライエント役で。試験の手順や会場のロケーション(国際フォーラム)、エラソーな協会委員、すべてが緊張要素で、やりにくいったらありゃしない。

一番参ったのは、すでにアイスブレイク、メモの許可等済んだこととして始めなければならないこと。

知らない女性と話すだけで僕は緊張するんだからさ。受験者自身のアイスブレイクなしで、ってのは別の意味で訓練が必要と感じる。

事前にクライエントの情報を紙でもらえると書いてあったけど、名前と年齢、現職、家族構成のたった三行で拍子抜けていうか、え?!って感じ。

ちなみに、起業後の日銭稼ぎで、この二次試験対策を行う腹もあり、観察に余念がないのであった。

試験はどうだったんだろ?ってのが正直な感想。協会の合格規準が、風説では「こなれた奴は駄目」とか「主訴を掴んだらアウト」とか下らない基準なんで。産業カウンセラーにしておけばよかったとマジで後悔している。

掴んじゃったんだ主訴…(多分)。

ここの評価はいかに?っていう感じで、どうだったんだろって感じ。

自分としてはその後の審査員からの質疑応答はバッチリ答えられたと思う。

養成講座の仲間たちのメーリングリストを使って、何を聞かれたか情報収集してみよう。一次に落ちた仲間たちにも有力な情報提供になるだろう。

結果は九月五日。合格したら次は産業カウンセラーの試験を受けようと思う。

実務経験四年以上で講座パスというおいしい制度が今度の試験(来年の一月十五日)で終了になるので。

講座は20万はかかるし、メンタルヘルスを生業にするからには、これは何としてでも受けねば、受からねば!なんだよね。

始めから産業カウンセラーにしときゃよかったと多少の後悔あり…。

Today's BGM is
真心ブラザース/夢の日々~SERIOUS AND JOY~

41sbrrzjhl_sl500_aa240_YO-KINGは愚直って言葉が本当に似合う男だ。あのへたくそなフェイクを聴くだけで、こっちが恥ずかしくなる。随分丁寧に作られたアルバムだから、余計にそれが際立つんだろう。桜井も嫌いじゃなきけど、このアルバムでは余計な気がする。ただ、ギターはいいフレーズが満載だ。

| | コメント (0)

2008年8月17日 (日)

横浜に行ってきた。

どうも。今週いっぱい夏休みで、今日が最終日。夏休み前とか動きがあったので報告。

関内にある(財)横浜企業経営支援財団に創業融資についてご相談に行って参りました。親切な担当の方に説明を受け、大変勉強になりましたが、内容的には凹むものでした。

まずは、ここ↑が融資を行なっているのではなく、融資するのは銀行で、ここが総合相談窓口の役割を果たしているということ。保証人がいらないってヤツの場合は、保証人協会の審査に通る必要がある。要するに二つの審査を通らなければならないってことがわかった。

でもって、銀行は金のないヤツに金は貸さないってことがよ〜くわかった。

「ただ、望みがないわけではないですけどね」。

僕が絶望しないことへの労りだ。絶対にお金を生むという事業計画書があれば可能性はゼロではないとのこと。断ち切ってくれた方が楽になるタイプなんだよね、僕ちゃん。とか思い聞いている。

また、創業者が4人というのはマイナスな印象を与えるとの注意を受ける。結局分裂するんだってさ。分裂する際のお約束事も事業計画書に盛り込むべきだと。

うちらはお金を持ち寄るわけではないので、対外的には僕一人で創業という形を取った方が信用がつくのではなく、不安要素が一つ減るということを知った。

で、銀行が金を貸す相手は、絶対に返すヤツ=収益性を絶対視しているということを、当たり前のことであるが知った。

融資とか、金の匂いを嗅ぎ回っているとよく耳にするいやな言葉がある。

「あなたがもしも銀行さんだったら、どんな方にお金を貸してもいいと思いますか?」

ガキじゃねえんだからやめてくれよ、その言い諭すような言い方、って反吐が出そうだぜまったく!金があったらてめえの前にいるかってんだ!

あ、聴いてるBGMのせいで言葉が汚らしくなってしまいました。

で、事業の新規性や社会的意義のようなもの、これは新規雇用創出やマーケットが生まれる可能性を秘めている事業プランということだろうか?を酌量してくれるのが、こういうオーディションやコンテスト系

なんだか、起業が一か八か的になってきてイヤだが、地道にネットワークを広げつつ出会いを待つ、作ることを考えるべきだと、近頃思う。

瀟酒な事務所に、綺麗なパンフレット、会社案内とか。

ちょっと夢見がちだった自分を反省し、「小さく、泥臭くやってくかなあ、その方がオレっぺえや」なんて思うようになっている。

話を戻し。親切な担当の方が親切に「何か他にわからない事はありますか?」と聞いてくれたので、せっかく来たんだから恥を晒して帰るか、と思い、「出資っていうことがぶっちゃけよくわからないんです」と聞いたら、親切に「ああ、いい質問ですね!」と丁寧に説明をしてくれた。どうやら中小企業診断士のマインドをくすぐったらしく、こっちも打ち解けた感があった。

「またわからないことがあったら電話でもいいから是非利用して下さい」彼は最後まで親切だった。隣にある国民生活金融公庫にも相談に行くようにアドバイスされたがもう終わっていた。

このまま帰るのもなんだしと、駅前の地図を眺めていたら、「中小企業センター」というのを見つけ立ち寄る。事務所を持たない創業仕立ての起業家へ事務所スペースを格安で提供するスペース「インキュベートセンター」について、この人痩せたら絶対美人だろうなあという女性スタッフに相談してみた(余計な表現でした…、これまたBGMのせいで)。

話を聞くと、やっぱりだいたい1人用なんですよね。4人でワイワイガヤガヤ、面白可笑しく仕事がしたい僕らにはインキュベートセンターが向かないんだなあと改めて理解し、ここを最後に帰宅する。

いやいや、BGM "On the Nickel" がはまり過ぎて、涙が出そうだよ。

Today's BGM is
Tom Waits/Hear A Stunning Performance, Recorded At Atlanta's Fox Theater
Waits300 お好きな方はリンクでぶっ飛んで下さい。もう、たまりましぇん〜catfaceこんな音源が無料で聴けるなんて凄い時代ですねえ。ポッドキャストなるものの存在は知っていたけど、未知の領域でした。使いこなせるのか心配ですがはまりそうです。「トムはファーストとセカンドかな」なんつって堅物のファンはシカトです。そんな輩にこそ聴かせたいライブなんです。バックのメンバーが気になります。

| | コメント (2)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »