« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月7日 - 2008年9月13日 »

2008年8月31日 - 2008年9月6日の2件の記事

2008年9月 4日 (木)

定点観測

定点を持たないと正しく観測できないことがある。俺はこの一年半、起業をキーワードに生きてきて、この定点ってのができたのかなって。最近感じてる。

まだ観測できるまでには至らないから、なんもデータはないけど。自分なりの視点=定点は定まった。

オレたちの切り口を研ぎ澄まし、世の中を切り刻んでやろうぜ。

まあ、そこまでいかなくても、プチっと腫れ物を突き刺し、臭い膿を出すくらいはやってろう。

定点観測。腰の座った粘り強さ、持続力。そして好奇心に探究心。定点観測、気に入ったな。

お疲れ様でした。

ニュースやブログには、毎日膨大な情報が流れている。それらをただ漫然と流し見ているだけではただの「情報オタク」にはなり得ても、その情報が持つ価値を十分に捉らえきれない。しかし、あるトレンドの存在を仮説として置きながら、多くの情報を定点観測していくと、個々の情報が時代の変化の中でどういう位置付けを持つものなのかが見えてくる。

『破壊的トレンド』より

Today's BGM is
畠山美由紀/Summer Clouds,Summer Rain
31vdb4uogbl_sl500_aa192_1 ノラの「ドンノウワイ」の作者ジェシ・ハリスとのデュエット・アルバム。とはいえジェシの歌は1曲のみで、正確にはジェシのギターだけをバックにした畠山美由紀のソロアルバム。驚いたのはジェシのギターがここまで個性を発揮しているものだということ。いや、おかしなことしているとかじゃなく、ああ、ジェシ・ハリスのギターだなあって。フォーキーなバンジョーとかもいいんですよね。
美由紀ちゃんの最高傑作だと思います。

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

メーヨーのホーソン研究

をご存知だろうか?

僕は、キャリアカウンセラーの試験のためにタイトルを丸暗記して内容を理解していなかった。

けど最近読んだ『チームハックス』という本で取り上げられているのを読み、改めて腑に落ち51wyczlcgtl_sl500_aa240_ た次第である。
どうやら二度目に以外な場所で出会ったキーワードは「知らなきゃまずいか?」という危機感が働いて頭に入りやすいようだ。

「ホーソン研究」というのは社会心理学の有名な実験で、照明の明るさや休憩時間の長さ、作業工程などが与える作業効率を調べる実験。

メーヨーは単純な仮説を立てていた。明かりは明るい方が作業効率は上がるだろう。休憩時間はしっかりとった方がいいに決まってるだろ。

そりゃそうだ、わしもそう思う。

ところが、照明を暗くしても作業効率が上がったんだって!簡単に考えてた実験がややこしくなった。

作業工程をアレコレ組み替えても、休憩時間を長短しても、あげくの果てに元に戻してみても作業効率は上がってしまった。

実験のまとめが僕は大好き。やっぱり人ってって感じでぐっと来る。

工場における作業効率は、作業上の物的環境の善し悪しというよりも、むしろ働く人間同士の関係が良好であるかどうか、自分たちの仕事には特別の関心が払われているかどうか、工場の監督官や検査官が公正に評価してくれるかどうか、といったものにこそ左右される。

気合い入ったんでしょうね、ホーソン工場の連中。

報告書を読まない上司、報告を遮り叱責してくる上司。なんの労いも褒めもしない上司。

やる気出るわけないよなあ。

もっとメジャーになって欲しい理論でした。

Today's BGM is
Ray Charles / The Definitive Ray Charles
A00d46020ea095cef5998110l 神聖な神の音楽を汚したエロい男、レイチャールズ。僕の中のレイは、ブルースブラザースの中の楽器屋の主人であり、アレサのフィルモアにゲストで登場するレイであり、映画『レイ』の中のレイだ。でも最近のクラプトンの歌声が、レイ・チャールズのストリングスものの時の声を模しているような気がしだした。そうなると、レイの歌声がクラプトンに聴こえて来る。ビリーホリデイのビブラートがサッチモと気づいて好きになった逆パターンで、レイのストリングものが好きになった。「Come Rain Or Come Shine」がその筆頭。

| | コメント (0)

« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月7日 - 2008年9月13日 »