« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »

2008年11月23日 - 2008年11月29日の5件の記事

2008年11月28日 (金)

マズローの欲求階層論

キャリアカウンセラー養成講座で学んだマズローの欲求階層論に、『社会人になったら読む「経営学」のきょうか書』という本で再度出くわした。79801913

養成講座でも「なるほどなあ」と思った理論だけど、この本の日本語訳で更に合点がいったことがあるので、皆さんとシェアしてみたいと思います。

この欲求階層理論とは。人間の欲求には順番があって、低い欲求が満たされてはじめて高い欲求を抱くというもの。

逆に言えば低い欲求が満たされなければ高い次元の欲求は生まれない。

シャンパン・タワーをイメージしてみるといかな?

上からシャンパンを流し混み、満たされると次のグラスが満たされ…。

先ず1番はじめのグラスは生理的欲求。眠いとか空腹とかトイレなどの「身体的欲求」。

2番目のグラスが、自分の身を安全な状態に置きたいという「安全の欲求」。

この上二つのグラスが満たされて、ようやく流れ込むのが3番目の欲求「所属と愛の欲求」。

養成講座では確か「社会的欲求」となってた。英語ではBelonging and Love Needs,なので「所属と愛の欲求」の方がぐっとくる。

ぐっと来た所でピンときたのがこんなこと。今日のメインテーマ。

僕がこの仕事をしていて、若年者問題の最大の予防のテーマと考えているのが『学生時代に「自尊心」をいかに獲得させるか』なんだけど、この理論にヒントがあるような気がする。

「所属と愛の欲求」が満たされグラスが溢れ出すと4番目のグラスに欲求が流れていく。

そのグラスが「自己尊厳の欲求」である。自尊心とは多少ニュアンスは異なるが、「所属と愛の欲求」を満たしてなければ、僕らが目指す「自尊心の獲得」は叶わないと。

僕の知る定時制高校のクラス。誰かの悪ふざけを笑っているのはその生徒の回りの一部の生徒だけで、その他の生徒は白け切っている。そんなクラスが「所属と愛の欲求」を満たすことができるのか?

非常に疑問である。「クラス再生」というキーワードも浮かんでくる。

きっと、3と4の間には小さな所属(家族)から大きな所属へのスモールステップがいくつもあるはずだ。

だから家庭で蔑ろにされている子供たちの心の空虚感は広大なのだろう。

支援の重点課題は「所属と愛の欲求」にあった、という気付き。

でもって5番目が「自己実現の欲求」。

僕は今この欲求がほとばしっているわけだけど、親にも愛されない、或は友人のいない若者に「君の夢は?」なんて直球を投げ込んでも打ち返せるわけがないのである。

Today's BGM is
Jackson Browne/Late For The Sky
B000002gxu01lzzzzzzz はじめてジャクソン・ブラウンを知ったのは映画『タクシー・ドライバー』。デニーロのアパートのテレビで、この曲をバックに恋人たちが踊るシーンで「Late For The Sky」が流れてて、一気に惹き込まれた。あの映画のデニーロも、マズロー的には満たされない孤独な男である。孤独を満たす、或は誤摩化すというのは人間の知恵なのではないかと思うが、それが殺人であったり悲しい結末になることもある。人の孤独を満たすのは、やっぱ人なんだと思う。来日中です。

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

先生を励ますのは誰なんでしょうか?

今日、某定時制高校の運営協議委員会に出席した。

問題の多い四クラスの授業参観をさせていただいた。

教室を移動中、とある委員が呟いた言葉がタイトルである。

先生、頑張ってたなあ。

学校との関わりを持たせていただき二年以上になるが、授業を見学させていただいたのは初めてである。

高知の反省会でアドバイスいただいた「集中力を切らしてる生徒に発言させる」みたいなテクを連発させてたし、なんせ声が通る。

リスペクトです。

先生を励ますのは誰なんでしょうか?

シェアコロではないか!?

そんなことを思うのであった。

Today's BGM is
Jason Mraz/Waiting for My Rocket to Come
51zt23q33nl_sl500_aa240_1生れて来たときにすでにITがあった世代をデジタル・ネイティブと呼び、おっさんたちとは思考発想方法が違うなんていうのだが、生れた時にすでにラップがあったヒップホップ・ネイティブというのもあるんじゃないかと俺は思ってる。BECKなんか辺りの通過世代を超えた世代が出てきていて、こいつなんかがまさにそんな世代のSSWではないでしょうか?言葉が多いのなんの。惚れ切れないデビューアルバム。

| | コメント (0)

経営理念

『一期一会』とか『人に優しい』とか。どの会社にもあるもので。

じゃあ我社にも。っていうノリも厭らしいけど、ようやく仕事が一段落したんでパワポで会社概要が語れる資料作成を始めました。

『三つのミッション』とか書いて三つ目が思いつかなかったり(;´Д`)

逆に不安になりますが、助成金の申請書作成でもそうだったけど、こんなことしながら自問自答を繰り返し、顕在化していない気持ちを掘り起こし、本当にやりたいことが見え、練り上げられていくんだと思う。

僕は無神論者で都合のいいときだけで「神様あ…」なんてタイプなんだけど、最近は、自分が生まれてきたことの意味や存在理由にはどんなミッション=使命があるのか、なんて考えるようになってて。

運命に意味を見出だそうなんて、年を取ったのか?まだまだ若いのか?よくわかりませんが、そういうことを自分に問い、答えを表現できるステージにようやく立てたのかな、なんて思います。

脱線しましたが、昨日アンソニ(営業部長)と話していて、『遊び心でイノベーション』っていいよね、ということに。

でも『フラれ気分でロケンロール』みたいじゃねえ?とf^_^;

文字数が7、5だから標語みたいだし。

「イノベーションで何を生み出すのかがないから頭に5文字で目的を入れようよ」

「川柳じゃないですかあ(苦笑)」のアンソニの一言で頓挫。

数日前にタイトルで使ったエジソンの『破壊を創造せよ』がしっくりくるんだよなあ。

既製概念や既得権の外側に出られずに起きている出来事をイノベーションで解決したいのだから。

Today's BGM is
John Lennon/ジョンの魂
Tocp703911通称「ジョンタマ」。甲虫解散後の初ソロ。随分と荒削りなアルバムで、この人の魅力である剥き出し感の強いアルバムなので「魂」なんす。作り込んでいない感じは勢いなんでしょうか?ポールがいないせいなんでしょうか?ジャケがニール・ヤングの2ndに似ているなあと昔から思ってるんですが、どうなんでしょうか?どうでもいいですけど。あれ、以外に書きたいことが浮かばないなあ。

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

捨てる神あれば…

古びたエレベーターを上がり天界にあがると、拾う神が忙しげに、そこへ座りなさいと言った。

昨日、神様は貧乏揺すりをしながら、ぼそぼそと僕にサジェッションを与えてくれた。

しかし、よくよく神様を観察してみると、僕をこの場に導いた、横にいる体育会系なエンジェルに入れ知恵しているようでもある。

お告げを聴きもらすまいと体育会系なエンジェルと僕はメモを取る。

体育会系なエンジェルは、すっかり神様のお告げを理解したようで、その分厚い胸板をどんと叩き、「心得た」と、拍子抜けするようなことを言った。

僕は、いくつか識らない言葉があり、ノートにいくつかのクエスチョンマークを付けたが、関連したキーワードを赤ペンで繋ぐと、それが悪い話ではなさそうということだけは、はっきりとわかった。

不自然な神様の笑みに見送られ、僕らは天界を後にした。

体育会系なエンジェルが案内してくれた先は、洞穴のように薄暗い『呑み放題の泉』だった。

体育会系なエンジェルは、大きな肩を揺らしながら、神様の言葉を僕にわかりやすく話してくれた。

神様の言葉をすっかり理解した僕は、期待と不安が入り混じったような生グレープフルーツ・サワーを一気に飲み干した。

体育会系なエンジェルが『呑み放題の泉』の会計システムに因縁を付けているのを見て、僕は「ビジネスの厳しさ」とか「天使と悪魔」なんて言葉を連想していた。

家路を急ぐ体育会系なエンジェルの、身体の割に余りにも小さな羽のパタパタを見て、かわいいなと初めて思いながら、僕は天界を後にした。

Today's BGM is
Led Zeppelin Remasters
41ce5nqurxl_sl500_aa240_1_2
ある時、ツェッペリンはカッコいいんじゃなくてバカなんだと思ったら、バカにしか聴こえなくてなってしまって、「ア~ンッ」みたいなの聴くとニヤリとしてしまう。ジョン・ボーナムは世界で一番好きなドラマーだ。半開きなハイハットに重いバスドラや変拍子に長めのフィル。どれをとっても完璧である。変体ペイジに唯一付き合えたドラマーではないか?大好きなのは「D'yer Mak'er」

| | コメント (1)

2008年11月24日 (月)

新しい門出

昨日は、我が相棒の引っ越しのお手伝いを、シェアコロの壊れた翻訳機ことBig-Oとしてきました。横浜での起業を前提にした物件選びであり、我々シェアコロの神奈川進出第一段となる新しい門出なのである。

2tトラック2往復。どちらも3階のエレベーターなし…。泣きました。死にました。今は重度の筋肉痛で。恐らく近年の私の体的には、ピークは三日後ぐらいかと…、これまた泣ける(;´Д⊂

久しぶりに、移動中のトラックの中で、三人でおしゃべり。

なんか、ほっとするし楽しい。夕日のシルエットでくっきりと浮かび上がった富士山を、渋滞の橋の上でぼんやり眺めながら、俺たちが出会えたことの邂逅を密かに噛み締めていました。

終了後、Big-Oと庄屋で慰労会。ジョッキが重くて上がらないぐらい、俺たちの疲労はピークに来ていたけど、未来について久しぶりに語った。

充実したなあ。気だるい疲労感がご褒美のようだ。

最後は思いのほか力のこもった握手で別れた。

Today's BGM is
John Mayer/Heavier Things
51plrnh5rkl_sl500_aa240_ AC/DCを聴き続けているんだけど(笑)。彼を知ったのはクラプトンのクロスロードフェスでかな?。割と超絶派という印象を受けたけど、アルバムでは随分と控えめ
なんだけど、チョーキング一発でドキリとさせる腕の持ち主で、もっと聴きたくなる。最近出たライブ盤を試聴したらメチャクチャよくってこれをブックオフで購入したんだけど、もう少し、この辺の音を聴きたいなと最近の傾向です。

クラプトンとのフェスでの共演ですが、完全にクラプトンが圧されていると思います。ジョン・メイヤーのフレッシュなソロ、クラプトンを前に相当気合いが入ってるのがわかります、気持ちいいなあ。http://jp.youtube.com/watch?v=Zh4n1bZi4d8&feature=related

| | コメント (0)

« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »