« 企業内アントレプレナー・シップ | トップページ | 横浜ジョブトライアル »

2009年7月14日 (火)

『乗らない会議を乗り切るハック』

最近、横浜が好きです。人も町並みも。Image387

でもって好きになる努力もしていて横浜月間です。

その一環がこのスタバの地域限定マグカップ。赤煉瓦倉庫とか、横浜の名所がさりげなくレイアウトされていて気に入っています。

今日は、関内で打合せに出席だったのですが、桜木町往きに乗ってしまい、ひと駅前で下車。努力の一環として、一駅歩いてみました。

駅前が複雑で、のっけから後悔しましたが、臨海部の位置関係が随分頭に叩き込まれてきています。

今日は自分の中でハックができた気がします。

『乗らない会議を乗り切るハック』

  1. まず否定しない。
  2. でもって情報収集をしっかり。わからない言葉なんかは必ず確認する。
  3. 肯定もしないんだけど、肯定している人の意見に乗れるものが見えるまで待つ。この間は1.2.の姿勢を貫く。
  4. 乗れる意見に乗る。以上。

要するに乗れないのはイメージが追いつかなくて絵が見えないという疑心暗鬼になっている状態だったり、既成概念やラベリングで起きていることが多いので、この状態を行ったんフラットにするための取り組みが1.2.ということだと思う。

1.2.を行わずに否定してしまうと、水掛け論ですよね。

なんか今日気づいた。またひとつ大人の階段を昇った気がする。

20日のサイトオープンに向けてアクセルを踏み込むが、何ぶん未経験の領域なもんで空ぶかしになっちゃって、エンジンが焦げ付きそうです。

Today's BGM is
Stevie Wonder/Essential Stevie Wonder
51a6z5mymml_sl500_aa240__2 マイケルが先に逝くとは思わなかった。目の見えない、肌の色の違いが視覚的にはどうでもいい盲目のスティービーがマイケルの整形とかをどう思っていたのかな?追悼コンサートのスティービーの清らかな歌声に胸を打たれた人は多いと思うけど、彼の超越性と、超えれない壁にもがき苦しんでいたであろうマイケルの苦悩。勝手に僕はドラマを作って観ちゃったけど、スティービーの苦しみは、孫の顔見たさに目の移植手術を考えたエピソードで想像が広がる。「For Once in My Life」のようなどこまでも登り詰めていくようなスティービーの高揚感が堪らない。

|

« 企業内アントレプレナー・シップ | トップページ | 横浜ジョブトライアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 企業内アントレプレナー・シップ | トップページ | 横浜ジョブトライアル »