« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »

2009年3月29日 - 2009年4月4日の5件の記事

2009年4月 3日 (金)

起業浪人三日目

今日は、サイト用のコラムの執筆。これを午前中に終わらせ、ワークショップを投稿する際の同意書作りに取り掛かる。

弁理士さんに相談に行った際のメモを見ながら、他のサイトも参考にさせてもらいながら行なうんだけど、シェアコロが著作者に使用許可を得ようとしていることを改めて書面化するのが難しい。

スクエアなビジネス書式だとなおさらニュアンスが伝えにくくててこずる。だから顔文字とかニュアンスを伝える文化ができたんだと改めて思う。

森進一の『お袋さん事件』がありましたよね。って何よ突然!!(゚ロ゚屮)屮

あれは、森進一が作詞家の先生の著作物である歌詞に無断で手を加えた、同一性保持権の侵害にあたるわけですが、

シェアコロは、「お袋さん」に手を加え、「親父さん」を通り越して「お隣りさん」にして、ひいては「よし子さん」にしてしまう改変を「よし」としたいのですm(_ _)m

投稿してくれるソーシャル・アーティストから、大胆な使用許可をいただきたいわけでありますが、この辺、相当平身低頭なフィーリングなんだけど、ビジネス文章だと、なんか上から目線な感じなんですよね〜。┐(´-`)┌ヤーネェ

一応法的な確認事項だから、いい加減にできないし。

どうせ、あんまし見ないだろうなあ、とは思いつつ、ここはもう少し時間がかかりそう。

でも、このオリジナル(著作者)に経緯を払いつつ大胆な改変ってジャジーっすよね。

そこまで弄ったら、もうあんたのオリジナルってことにしちゃいなよ!とか思うのにスタンダード集だったり。

それってリスペクトという文化なんだよな。森進一に作詞家に対するリスペクトが日頃からあったら問題にならなかったんじゃね〜の?なんつって。

この文化をシェアコロで築き上げたいんだよね。Web2.0ってそういうことだろ!?とか思うのですよ。

まあ、世間的には失業中なんで、ECOで行こうと思い、長く乗っていなかった13歳のチャリを整備。とかして乗らないのが俺。今日は話が変わり過ぎ(゚ー゚;

夜はまたまた呑みでした。初めての新宿ゴールデン街。ご馳走さまです!(゚ー゚;

僕が幸福なのは、いつも本音で語り合える、僕を理解してくれている仲間がいること。

仲間と呼ぶには1.5倍年上の方でしたが、仲間です。

今の心境を括弧でくくると(後悔はありません)

酔っ払ってんなあ。

Today's BGM is
George Harrison/George Harrison
Georgeharrison_300 家にいるんで、音楽聴きまくりで、どれにすっかあって感じなんですが、最近はジョージのソロをよく聴いています。ジョージは音楽的な美しさ、に行きつくまでの過程とか、即物主義のDJにはわからんちんな世界なんじゃないかと思うのです。でもスライドのフレーズを聴いて「ジョージやぁ」と脱力してしまう感じや、癖のあるメロディラインに「ジョージやぁ」と思いつつ、デビュー前のジョージ、デビュー後のジョージ、ゲットバックセッションの時のジョージとか、死んじゃったんだよなあとか考えると慈しみを感じるのです。

| | コメント (0)

起業浪人〜失業資格者創業支援助成金制度Part.3〜

僕のことをそう呼んだ人がいて、気に入ったので使わせてもらう。

浪人中に生活リズムを崩さないよう、朝の9時から18時までは仕事と決めて生活している。実際は、21時頃から仕事を再開し、0時近くまで何かしらしている。

今日は、一週間ぐらい前から取り掛かっているサイト内のコラム「シェアコロとは?」の執筆。名付けて『シェアコラ』。恐らくこういう駄洒落系は却下されるだろう。

このコラムが案外楽しい。フリー・フォーマットのビジネスコンテストに応募しているような気分でもあるし、一体どれだけの人が読むことになるのかとか考えるとワクワクする。シェアコロは間違いなく新しい!確信する。課題も見えンだけど、この作業は気分が上がる。

いろいろな言葉やネーミングを考えるいい機会にもなっている。

今日考えたネーミングは、ソーシャル・アーティストによって投稿されたワークショップを実施したオーディエンス(当事者サイドの人々をオーディエンス=受け手と呼ぶ)が、感謝の報告をソーシャル・アーティストにする際のネーミングを考えた。これまで長らく、単に「実施報告」と呼んできた。このコラム内では「感謝の報告」。

ダサい。

キリンジのアルバムを聴いていて、「ゴールデン・ハーベスト」というタイトルの「ハーベスト」に引っかかった。大好きなニール・ヤングのアルバムにも『ハーベスト』『ハーベスト・ムーン』なんていうのがある(キリンジとニール・ヤングが繋がった。やはり!)。

で、ハーベストの意味を調べると「収穫」でした。

うん、こりゃあいい。

ワークショップを実施した際に、オーディエンスが得る成果=収穫の報告という意味で、『Harvest Letter』というネーミングにしてみた。

まあ、そんなことをしている。

昼食後ハローワークに行く。結果から書くと、管轄を間違えて行ってしまい馬鹿みたい。

自分はそういうことが多い。馬鹿なんだ。ていうか迂闊。

ハローワークでは、前に書いたこれとかこれの失業資格者創業支援助成金制度の説明を受けるが、担当者が受給させないためとしか思えない誘導尋問的質問に引っかかり、受給資格がないという問題に!

簡単に言うと、退職前からすでに起業を決めている人は、「週20時間以上、一年以上働けるところを探している」人にならないから、失業者の提議に当てはまらない。よって、この助成金を受けるために必要な、雇用保険受給資格者証がもらえないことになる。

「起業をするかはまだ決めてません」と言えば、それでいいのか?

頭に来て、あなたの質問の仕方には悪意を感じる、と言ってやった。質問の答え方ひとつで受給資格がなくなるなら、初めから嘘つくぞ俺は!

なんだかんだと納得のいく落としどころに辿り着き、じゃあ免許証だしてと言われて出したら、管轄違いますって。カッチョわりい(/ー\*)

帰りに元の職場に寄って源泉徴収票と、保険証関係の手続きに必要な退職証明証をいただきに行く。

図書館よって帰ってからは、またコラム。飽きてサイトのデザイン。

デザインは、結果的に徒労に終わる作業が多く、進展が少ない。また、数日後に見返すと一気に熱が冷めてて嫌になってしまったり。今は一番最初に作ったデザインが気に入らない。

でも、今日は二枚いいのができた!部屋に苦労の跡がまだ残っている力作な割に、使われるのは極一部なので、見ると実にシンプル。

そうだ、いいニュース。僕の喰い繋ぎ先が決まりそうです!

しかもキャリア教育絡みの講師業及びその周辺業務かな?僕を売り込んでくれたSさんありがとう!

そうだ、昨日Sさんと久しぶりに呑んだ。お互い聞きたいこと、言いたいことがあって、話が飛びまくりだったが、お互い実りの多い呑みだったと思う。カマンベールチーズをトースターで焼いて、メイプルシロップをかけてクラッカーに乗せて食べる。これ、ビックリするぐらい美味しいですよ。

明日は昼過ぎまで仕事して午後ハローワークへ行き、その後新宿で呑み。コラムを終わらせ、投稿同意書作成に取りかかりたい。

Today's BGM is
Oasis/Dig Out Your Soul
The_oasis_dig_out_your_soul_album_c もう、のっけからノエル節。リアムの強烈なボーカルと、よりヘビーになったビート。自分たちのメロディがあるバンドは強いよなあ。しかもそれが世界最強のビートルズに起因しているのがズルい。それよりもこの荒いトリミングのコラージュはなんだ?中ジャケもなんだよね。刺激を受けるというか、なんというか…。このセンスはわからんちん。


| | コメント (0)

2009年3月31日 (火)

NPO大学を卒業した。

本日は、9年間お世話になったNPO法人を退職する日。

数日前から取りかかっていた出向先のデスク回りの整理を終わらせ、個人的な資料を梱包したり、交通費の精算をしたり。

コーヒーをいれるのも、コピーを取るのも、このビルからの景色も最後。

インターネット・エクスプローラーのお気に入りの削除。僕の旅立ちを祝福してくれているメールへの返信後、メール・アドレスを全てGmailにエクスポートして削除。近くの産業図書館で借りていた本を返し…。

すべてを空っぽにしていく作業を、できる限り感情移入しないように淡々と。

みんなの仕事の邪魔にならないよう、最後は事務作業をしていた女性職員に礼を言ってさらりと退室。

そのまま、この町で一番好きだったラーメン屋に行き遅い昼食。

これは一人だけの儀式。

いつもはただのつけ麺。今日は、はじめて特製つけ麺を頼む。「よく頑張ったよな、お疲れ。ちょっと奮発したって罰は当たらねえよ」。

そのまま電車で一時間半かけて本部に行き、退職手続き。最後の終礼に出席し在り来たりの挨拶を淡々と。

後輩のスタッフが、ある利用者に声を掛けて欲しいと言ってくる。

今更だからと断るが、彼は俺が家庭訪問をして家から出した最後の利用者。家を出る時のすったもんだで、俺が「おまえ」と言っちゃって「あなたにおまえと呼ばれる筋合いはない」と揉めたエピソード有り。オーストラリアにワーキングホリデーで行っている最中に事故に遭い、一次非難的に戻ってきているという。

家を出てきてからは、外の仕事が一気に増え、あまり関わる事ができず、実は後ろ髪を引かれていた気になるヤツ。

断ったのは、俺が責任を果たしていないという後ろめたさだった。

でも、今の自分だから伝えられる事があると思い、食堂でくつろぐ彼に声を掛ける。こんないい笑顔するんだ、素直にそう思った。

俺は、起業について話、起業を心に決めてから世界が変わった話をした。若い彼にアントレプレナーシップの素晴らしさを話したかった。なんだか照れくさかったけど、握手をして別れた。

気持ちが晴れないまま家路を辿る。サイトの素材集めがあるので歩きながらデジカメを持って。

高校の校庭を写していた時、「俺は今日、NPO大学を卒業したんだ」と思った。

途端に気持ちが晴れた。

いや、それは嘘だ。

あの時は晴れた。が正解。

先の見えない不安や、ビジネスモデルが間違いないんじゃないかという不安…。

この曇り空を晴らすのは誰かの言葉ではなく、俺の行動だ。助けてくれる仲間はいる。

Today's BGM is
James Taylor/Live
Albumjamestaylorlive あなたがライブに求めるものがスリルなら、このアルバムは退屈だろう。どちらかと言うと、僕もライブにスリルを求めるので、このアルバムはイマイチなのだ。完璧過ぎるバック・ミュージシャン達の職人的な演奏とコーラスのスリリングに見せかけた予定調和。このアルバムはJTのベスト盤的な聴き方と、職人達のテクを聴くアルバムだ。僕が今夜欲しかったのは安心。

| | コメント (4)

退職の挨拶

昨日、出向先でお世話になった区役所に、退職のご挨拶に伺わせていただいた。

直接、お世話になった課長が部長を呼んでくれて、いろいろ労いの言葉をいただきました。

また、シェアコロのビジネスモデルも熱心に聞いて下さり、追い風の部分、向かい風の部分、アドバイスもいただきました。

僕の関わらせていただいた三年間を非常に高く評価してくれており、独立後のビジネスで、新たな形で再度、仕事ができることをお互いが強く望んでいることを意思確認できたような気がする。

幸運なことに、この課は来年度も職員の移動がない。僕としては、非常に大きなパイプが残ることになる。

早く株式登記し、区役所に事業者登録を済まさないと。

お邪魔した課には、僕らが送り込んだニート状態から抜け出せずにいたT君がアルバイトをしている。

そのT君は四月からの就職が決まっている。

T君を呼んで、新入社員心得的な話をする。今の法人での支援者として、最後の仕事をしたような気がする。

最後に課長さんから記念品として、区のマークをあしらったタイピンをプレゼントしてもらい、担当課の皆さんが立ってお見送りしていただき、感激しました。

区役所を出るところで、何度かご一緒に仕事をさせていただいたよりも、お酒を呑んだ回数の方が多い、Yさんにお会いしご挨拶。

僕と同年代のYさんは僕にすごく期待していると言ってくれたし、株式会社であることを伝えたら、更に期待が高まったと言ってくれた。

温かい気持ちに包まれた旅立ち。それは起業の一側面でしかない。

本日、現職最終日。夕方に本部にご挨拶と退職手続き。その後は本部の後輩連中と呑みかな。

皆さん、在職中は大変お世話になりました。ご迷惑をかけた面も多々あったかとは思いますが、今後とも、よりいっそうのご指導、ご鞭撻をお願いいたします。

Today's BGM is
Curtis Mayfield & The Impressions/Curtis Mayfield & The Impressions
6a00d83451cbb069e200e54f740f2988348ヒット・コンピ『フリー・ソウル』以降、ベスト盤や編集盤のノリが変わった。選曲者も評論家からDJへ移行してるから、レコードの二枚組みベストではぐっとこなかった彼らが、今の耳でチョイスされたグルービーなナンバーで改めてぐっときた。時代毎の切り口に対応し得るアーティスト、バンドはそういないと思うが、彼らが対応できたのはやっぱカーティスの声とメッセージ、グルーブだと思う。同時代のモータウンとは似て非なり。

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

退社手続き。

自分がしてきたことは、これっぽっちのことだったのか?

あまりにもあっさりとしたもんで、自分がしてきたことの意味を問い返さずにはいられない。

この組織人としてのアイデンティティの揺らぎが起業を決意させたのかも。

名刺交換の際に、嘘偽りなく胸を張って紹介できる、自分の血となり肉となる組織を持ちたい。

夕べ、そんな考え事で眠れなかった。

今朝、家族全員の保険証を回収した。

リアリティってやつだ。

「俺はいったい何を期待して苛立っていたんだ?甘えるのはもうやめようぜ!」

今日は、出向先でお世話になった方々への挨拶まわり。

極力しがらみから抜け出したとこで最善を尽くしたいいチームだった。

後二日。

きっと桜が満開になっていることだろう。

Today's BGM is
Incredibe!-BlueNote DJ Mix by Muro
32010310811 まだまだ深いなあブルーノート。セレクターの数だけ名曲が存在する!なんて思いつつ借りたCDを聴いていると、ジャッキー&ロイがBNからアルバム出してたっけ?とかかなり飛び出した選曲になっていました。さすがDJですね。いい耳している。僕なんかスタジオとかプロデューサーとか背景聴きしちゃうけど、純粋に曲できいているんだろうな、こういう人たちは。でも、アルバムは全部ちゃんと聴こうね!

| | コメント (0)

« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »