« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »

2009年4月5日 - 2009年4月11日の5件の記事

2009年4月11日 (土)

はじめての派遣登録

お恥ずかしい話だが、このブログをリアルなアントレプレナー・シップのドキュメンタリーに仕立て上げたいのでちゃんと書く。

窓を空けて仕事をしていると、桜の花びらが風に運ばれて部屋に入り込み、ふと目線を外にそらすと、外は桜吹雪の昨日、都営住宅の家賃支払い免除申請と某派遣会社の登録をしてきた。

免除系手続きは、国民年金に次いで二つ目。もともと安い家賃が来月から更に半額である。非常に助かる。企業浪人者にとって必須手続きである。まあ、なかなか団地暮らしはいないか。

派遣会社登録。遂にこの時が来たか、という感慨を胸に淡い期待感がなぜか膨らむ。

僕はこのように何をする場合でも「なぜか淡い期待感が膨らむ」おバカさんである。

前日にウェブから仮登録を済ませておき、面接予約という流れ。

これから派遣登録しようとしてる起業家に言っておくと(ってあんまりいねえよ!)

ウェブから入力できる職務経歴欄にはメモ程度の職務経歴を書いといたらいいか、と思いきや、それがすべてになるので注意。

教訓1:面接はウェブ登録から始まっている。

その後、派遣で働くことがどんなことかということについて書かれた冊子を大幅にはしょりながらレクチャーを受ける。

管理用の写真をパチリ。写りぐらいを見せられ「こちらでいいですか?」と、妙に気恥ずかしい。間違っても撮りなおしはお願いできないな。

で、PCの入力事務とかもやりますと言ったものだから、PCのスキルチェック。

内容は、日本語タイピングと数字タイピング、ワードとエクセルのスキルチェック。

まあ、結果は写真の通り。ちょっとキーが高めの古いキーボードで、緊張も手伝いミス連発。

とにかくエクセルができなかった。自覚はしてたけど、ここまでビジネスシーンで自分が通用しないとは…ショック(p_q*)。

教訓2:自分の苦手部分をできる部下にやらせてると、自分が部下になったとき役立たずになる。

最後はビジネスマナーのDVDを15分。わかりやすい作りで、よくできていたので、キャリアガイダンスのネタになると思い、すべてメモらせていただきました。

最後に簡単なテストを二問間違え終了。

僕は単発の試験監督とかの仕事を希望してたんだけど、登録したての未経験者が簡単に仕事にありつけないと釘を刺された。

まあ、セーフティーネットを一枚張ったという感覚かな。

教訓3:根拠のない淡い期待なんか持つな。

今日は、これから退職後初のお仕事。例の入札でゲットした相談事業の初日である。

Today's BGM is
Dr. John/Trippin' Live
413f3hkwanl_sl500_aa240_ 97年のいいライブアルバムですよ〜!Drファンのあなた見逃してませんか?かく言うオイラも。ガンボ周辺のアルバムだけ聴いてて、他にいいのないの?なんて言ってるファンにはメチャ勧めます。小さめの箱で客のやり取りもいいし、バンドもホーンセクションあり、最初から最後までゆる〜いニューオリンズのノリを楽しめます。さながらマルディグラ。「Such A Night」あんまり好きじゃなかったんだけど、このアレンジはやられました。

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

受給資格者創業支援助成金制度 Part.4

退職後のさまざまな手続きをしに市役所、ハローワークに行ってきた。

経済情勢柄だろうか、ピリピリとしたムードで、どちらからも怒声が聞こえた。

かくいう僕も慣れない手続き地獄にピリピリしてしまった。一度に一つのことをぐぅっと考え込むタイプなので、複合的な作業は苦手である。

市役所では、課税証明書と住民票(団地の手続き用)、印鑑証明書(株式登記用)を発行してもらう。

課税証明書を見て、どんだけ税金引かれてるのかを改めて見て舌打ち。

いいことに使われてんだ。と思い込む。

この三つの書類を手に入れるために、三枚の用紙に何回名前と住所を書いたことか。名前を入れて必要な書類のチェックボックスをチェックして、はい、おしまいとならないのかなあ、とか「自分なら」考える癖があるから余計にいらつく。

離職票を持って、国民年金保険料免除・納付猶予申請を行う。わかったようなわからないような説明は、ただ早く終わって欲しかった。「やらないよりやっといた方がいい」的手続きなのである。

その足でハローワーク。車内のBGMはブラック・キーズ。やさぐれた感情にしっくりくる。アメリカの砂漠を走ってるごっこだな、こりゃ。

ハローワークは大混雑で、駐車場待ちの車が五台並んでたので、すかさずコインパーキングへ。皮肉にも、ハローワーク内のテレビが例年の1.5倍の利用者数だと報道してた。

去年、ある区の就職フェアにスタッフとして参加した際の印象が「町ですれ違ったらどこかの部長さんかな?」と思うような方ばかりで驚いたことがある。まあ、軽い面接があるからみんなそれなりの格好してきてるんだけど、ハローワークは違う。求人検索コーナーは、さながらパチンコ店のように見えた。

そういう視覚情報が気持ちを滅入らせるんだよな、意外と。

ハローワークでは、受給資格者創業支援助成金制度の申請に必要な、法人等設立事前届と、雇用保険受給資格者証の二枚をもらうことが目的。

法人等設立事前届は、スムーズにゲット。ただし、こないだ書いたけど、いったん失業者になる手続きが非常にだるかった。

希望する職種を書いたりして。とにかく待ち時間が長い。コインパーキングに入れちゃったから尚更だ。アドバイスとしては、二つの手続きを行なうのだが、一つ目を待つ間に、二つ目の窓口の番号表をもらっておくこと!しとけば良かったと後悔する(立川では二回の23番窓口番号表)。

雇用保険受給資格者証は二回ハローワークに行かないともらえない。間が二週間は空きます。離職表が会社から届くのに一週間はかかるから、法人等設立事前届が提出出来るのに一ヶ月はかかってしまうことになる。

この間の食い扶持をどうるのか?

バイトをしたら資格が失効するのか?

なんて書いているのは、このブログが僕以降に受給資格者創業支援助成金制度を狙う人のためになって欲しいからなんだけど。だから今回でPart.4なのである。みんな頑張りましょうね!

この助成制度については、また書きたいと思います。

駐車場代は700円。

Today's BGM is
Ben Lee/Grandpaw Would
Grandpawwould 96年の時の15歳のデビューだから今は28歳なんだな。これしか知れないから、どうなったことか調べたら順調に活動しており、今年アルバムが出てるみたい!聴きたい!このアルバムの可愛らしさは演奏の拙さとボーカルの縒れのような、なんとも母性をくすぐるわけだけど、それでも十分聴けるのはベン君のメロディーセンス。ひょっとしたらこの楽曲にはこのバッキイングしかあり得なかったかも。見守りたくなる。15歳のデビューで21曲。恐るべし。

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

ネーミング

退職して早くも10日。曜日感覚がぶっ飛んだ。

はじめはね、土曜と日曜の区別がつかなくなる。

それでね、平日と週末の区別がつかなくなり毎日が週末みたいな気分になるから、夜だってのに電車からいっぱい人が降りて来て「ありゃ!?平日なの?」ってびっくりするんだよ。

キモい口調ですいまめん。なんて他愛ない感覚を報告ができる余裕がうれしい。

さて、ネーミングについてもめている。

発信者側には非常に難しい判断が要求される割に、受信者はただの記号としてしか認識しないものでもある。

意味などわからなくても、用を足せるものであれば、それでいいのだと僕は思う。

揉めてる言葉が「ブランチ(枝)」で、この言葉を使ってた浜の理事長に相談したら「枝って意味なんだ、へぇ〜」だって。ほらみろ!である。

前職では、トップが決めてしまったネーミングを使わざるえなかったが、「だっせー」とか言うのも最初だけで、いつの間にか浸透してしまう。その辺は秀逸だったのかも。

株式会社シェアするココロというネーミングも、正直、ブーイングがすごかった。

子供の名前なんかもしかりである。

要するに慣れなのだ。

だから、思い入れをしっかり持ちつつも、所詮は記号化するものと割り切った方がいいネーミングが生まれると思う。

強いて言うなら、記号としての落ちどころ、ユーザーにとっての記号化しやすさがあればいいと思う。

例えば、株式会社シェアするココロは「シェアコロ」という略称により記号化された。

今、「ブランチ(枝)」というネーミングが問題なのは、遅い朝食という意味のブランチの方が、枝よりもポピュラリティを獲得している点である。

落ちどころがビミョーにぶれる。僕は第二フェーズへの伏線として通したい。

また、意味を補完するためのアイコン等、ビジュアルがつけば落ちどころが見えてくる。

この辺、ごり押ししないでネゴシエイトするのは、クリエイティブな作業でもあるのだが、いかんせん時間をかけたくない。

僕は前に進むために辞めたんだから。

Today's BGM is
Jimi Hendrix Experience/Smash Hits
Jimihendrixsmashhitsfront いやあ、家で仕事してると音楽ガンガン聴けていいっす!今日は何聴いたっけかなあみたいな感じになってるんですが、一番インパクトがあったのがジミヘン。これがベスト盤だというのが改めて驚きだった。ファーストかと思っちゃうくらい時代感が「紫の煙」以降同じで。ずっとキーボードとホーンなしのトリオだったから尚更だな。クラプトンもそうだけど、僕はボーカリストとしてのジミが大好き。歌だけ聴いたら黒いディランです。短い生涯だったんだね。

| | コメント (1)

2009年4月 7日 (火)

臨床心理士が労組結成!

やっぱ大学院まで出てるとやること違うぜ!臨床心理士が労組結成だって。

とある施設勤務の非常勤の臨床心理士が週四日勤務で年収二百数十万円だったのが、五日にしてくれと言われたんだけど、給料は数十万円増える程度で、時給に換算すると安くなると言って労組結成ですよ。

言い分が正当。

「心理士の果たす役割は重くなってる。不安定な雇用環境は子供らの援助に影響を及ぼす」。

当たり前だっつうの。

若年者就労支援のスタッフもやったらいいのに。

「支援者の果たす役割は重くなってる。不安定な雇用環境はひきこもり・ニートの援助に影響を及ぼす」ってさ。

支援をした結果誰が恩恵を受けんだよ!?

非納税者が、立派な納税者になんるんだから、国であり国民じゃねえかよ!

苦労して大学院出て、月給20万のボーナスなし(憶測)じゃあ踏んばり効かねえよ。

恐らくNPO法人の常勤職員の給料ってユニオン結成するに値する不満バリバリの額だと思います。でもまだ聞いたことないし多分ない。

「有給がないのはおかしい!」と愚痴を零していてもはじまらない。もう辞めちゃったからあれだけど、作るなら応援したい。社会を変えるということは、ソーシャルビジネスに首を突っ込んでる経営者の頭の中から変えなければならないとは情けない!

善意だけじゃ超えられない一線は存在するんだよ。

行政の帳尻合わせに付き合ってるような委託事業なんか止めちまえばいい。

もう一つ、同じ新聞の読者投稿から。

「激務で保育園を退職」

休日はなく、サービス残業は当たり前な職場から、30代の働き盛りが体が持たないと消えて行く。最後に言ってることがやっぱり当たり前。

「能力のある先生を失うことは保育の質の低下を招く」。

ソーシャルな事業に関わっている人々、ソフトをいかに育成するかがこの国の未来に直結しているのに無視されている。

もう一つ、新聞から。

「ノルマ無しが営業力に〜努力を最重視〜」
「ノルマなし」が営業力に 努力を最重視、ネッツトヨタ南国(朝日・31面)

車販売の営業評価をノルマ性という結果から、質を評価するシステムに変えたら、顧客満足度調査で10年間ナンバーワンという記事。

まさに前に書いたメイヨーのホーソン工場。

人は評価を求める生き物である。結果を生み出す過程にこそ見てもらいたいものがある。そこを最大限の評価の対象にしたことで、結果を大きく変わった。そのいい例だろう。その結果に対しての報酬が…。

いろいろ考えさせらる記事が並んでいたので、書きたいことが山ほど溜まってるんだけど。

俺は何かにぶつかって行きたい性なんだと思う。

それが「組織を掻き回す人」という総合評価になるんだな。でも俺は結構前のインタビュ−で「尊敬できる人の下で犬のように働きたい」と発言し、今もその思いはあまり変わらない。尊敬できる人の下で働く機会がないから独立するのかもしれない。

俺の作る組織がめちゃくちゃかどうか、とくと見てろって言いたい。

Today's BGM is
AC/DC/Black Ice
Black_ice_cover バカになりたいときに聴く音楽。無心に音楽に身を委ね、ギターのリフに本能的に高揚する。ベースの存在をしばらく忘れるような一体感丸出しの音楽。心臓の鼓動のようなドラム。全てが鋭角的に構成された音の中にあって、60歳を超えたボーカルのブライアン・ジョンソンの声が異質でいい。ある意味で染之助染太郎的伝統芸である。「いつもより多く弾いております〜♪」

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

プライバシー・ポリシーとか

今日は、シェアコロスタッフでお花見でもしたい陽気だが、久しぶりに本社(?)に全員が集まってのミーティングだった。モチベーションが上がっている感じが伝わる、いいミーティングだったと思う。

議題は、シェアコロのサイトで使う以下各ページの文言の最終確認。

  1. 「利用規約」
  2. 「プライバシー・ポリシー」
  3. 「投稿同意書」
  4. 「シェアコロとは?コラム」
  5. 「広告掲載」
  6. 「ワークショップ投稿フォーマット」

1〜4までを読み合わせ。「そんな細かいこといるのかあ?」「なんかあった時のための包括的な防衛手段なんだから、とりあえず入れとけば、邪魔にはならないんだし」などなど。他のサイトはどうやって作ってんだろ?

と調べてみると、いろいろサイト上の文献を参考にしたり、プロが請け負っているものもあるみたいですね。シェアコロは前者です。ここまで情報があり過ぎると、どの程度のレベルに設定するか、サンプルと自社の様々な状況のバランスをしっかり取ることの方がむしろ大変な作業である。

プライバシー・ポリシー(個人情報の取り扱い)については、各項目ごとに頭を悩ませた。参考にさせていただいているものもあり、読み込まないと意味がわからないものが多い。この中には読み込み間違いもありそうで心配だ。

ある意味「煙巻き作戦的か?」と思える歪曲した言い回しや、同内容の言い回し違いで、「ああ、もうだいたい分かったからもういい!」と思わせる作戦な気がしてくる。

休憩中に、1〜6のないほぼ日刊イトイ新聞を見てもらった。

自分たちが作っているガチガチの仕事に、このゆるさが必要だと思った。「投稿なんかこれだけでいいんだんぜ〜(笑)」。昨日見たときにあったランダム再生ボタンみたいなのが面白くて見て欲しかったのに今日はなかった…。

なんなんだあ。面白過ぎ〜。

まあ、僕らとは求めている成果物が違うからねえ。こうはいかないよねえ。とか言いながら、イトイ新聞のビジネスモデルを探る。

3〜4は、シェアコロの理念に当たる部分でもあり、自分が書いた。メンバーとの意思の相違がないようしっかり確認しておきたかった部分だが、今更という感じで、僕らが作り上げた理念と言えるものだった。

より効果的に自分たちの考え方を伝えるには、とか、自分たちがどう見られたいのかとか、予想以上に高度な議論ができて嬉しかったし、みんなの意見が的を射ていたし(「的を得る」と検索するといろいろやってますね)、自分自身のシェアコロ観があって面白かった。

5の広告掲載については、在り来たりのものは止め、何かイノベーションを感じるプレゼンテーションが行なわれるものにしよう、と、事前にかなりハードルを上げていたのだが、それを超えるアイデアは出なかった。

ただ、四人で話していると、言葉がぶつかり合い化学反応が起き、ハードルを越えられる気がしてくる。今日は、その予感を頼りに宿題とした。

これが終われば、プログラマーのウ氏にお願いするんだ。サイト作成料も発生し始め、五月末から6月頭にはサイトが立ち上がっているだろう。あ、サーバーを押さえてねえや、どんすんだろ?

知ってましたか?URLで値段が違うって。

「co.jp」とか「ne,jp」より「.com」の方が安いんですよ。信用の問題で前者の方がいいらしいのですが、「www.sharecoro.com」がかっちょいいなあ!

明日は、喰い繋ぎ先の会社にご挨拶をしてきますので、これから、キャリコンの養成講座で作った職務経歴書の手直しをします。

Today's BGM is
Jackson Browne/Solo Acoustic, Vol. 1
Jkcd15 影がついてるだけで、こんなにも高級感が違う!ビジュルっす。アコギ、ピアノの弾き語りのライブ盤。沁みるライブとはこんなライブでしょうか?お客とのやり取り(何喋ってんだかわからんちん)がいいなあ。あまり寛ぎという言葉がしっくり来ない人で、歌い出すと薄い緊張感のある世界が広がって行き、目を閉じれば、聴衆一人一人がタイムトリップを始めるだろう。なんせ28年振りのライブ盤。デビッド・リンドレーとのデュオが聴きたい!

| | コメント (0)

« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »