« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009年7月12日 - 2009年7月18日の4件の記事

2009年7月17日 (金)

ドタバタうるさいIT会社

さっきまで「終わったあ、乾杯!」なんつって馬鹿話ししてて。

帰る間際にほろ酔いで「じゃあ明日から、サイトアップまでの段取りを確認して終わろうよ」なんて言ったら、

結構まだ仕事あるじゃん…。

酔いがさめてまた仕事しはじめて…。

「何でいつも最後にバタバタすんだよ!」

なんて怒りながら、「きっと見て見ぬふりしてる仕事があんだよ」と反省。

Today's BGM is/Bob Marley & the Wailers
Soul Revolution, Vols. 1-2
279576 初期のウェイラーズのベスト盤かな?昔はアイランドに移ってからのアルバムの音や、アイスリーのコーラスとかが好きで、それ以前のまだジャマイカだけがマーケットだった頃のボブの声、シンプルすぎる演奏、下手なコーラス、なんか苦手だった。でも、それが段々ツボに変わる耳の成長はなんだ?ドス黒いファンクネスとおおらかさが奇跡的に同居している感じ。Dracula (Mr. Brown Rhythm)がきっかけだったような。

| | コメント (0)

2009年7月15日 (水)

横浜ジョブトライアル

若者は、若いってだけで絵になるんだな〜って、本日の動画編集を観ていて思いました。

iMacのiMovieというソフトを使って、ハイパー非常勤イナミーが、初めてとは思えない技術とセンスで編集してて、僕はたまに「どうよ?」と言って「スゲー」とか言ってるだけなんですが、

ホント、若者が一生懸命やってBGM入れるるだけで、絵になって感動するんだなあ。

俺がジシィになったからなんだろうな〜。

今、作ってるのは、タイトルにある『横浜ジョブトライアル』という、若者の職業体験の機会を積極的に行っている企業の紹介ビデオの編集作業。

これを観た若者が、自分も参加したいと思いクリックすると、職業体験を受けるためのしかるべき道標が現れるというコンテンツ。

若者を支援する団体は、こういう協力企業を探す時間やマンパワーがないから、Hamatorium Cafeが支援のクライマックスとも呼べる出口部分の開拓と紹介を行うというものです。

狙いの一つは、一つの企業をいくつかの支援団体がシェアする状況から生まれるケミストリー。

まさにシェアするココロ!

各団体との調整作業がちょっと大変ですが、とても楽しみです。

我社も若者の受け入れを検討しとります!

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

『乗らない会議を乗り切るハック』

最近、横浜が好きです。人も町並みも。Image387

でもって好きになる努力もしていて横浜月間です。

その一環がこのスタバの地域限定マグカップ。赤煉瓦倉庫とか、横浜の名所がさりげなくレイアウトされていて気に入っています。

今日は、関内で打合せに出席だったのですが、桜木町往きに乗ってしまい、ひと駅前で下車。努力の一環として、一駅歩いてみました。

駅前が複雑で、のっけから後悔しましたが、臨海部の位置関係が随分頭に叩き込まれてきています。

今日は自分の中でハックができた気がします。

『乗らない会議を乗り切るハック』

  1. まず否定しない。
  2. でもって情報収集をしっかり。わからない言葉なんかは必ず確認する。
  3. 肯定もしないんだけど、肯定している人の意見に乗れるものが見えるまで待つ。この間は1.2.の姿勢を貫く。
  4. 乗れる意見に乗る。以上。

要するに乗れないのはイメージが追いつかなくて絵が見えないという疑心暗鬼になっている状態だったり、既成概念やラベリングで起きていることが多いので、この状態を行ったんフラットにするための取り組みが1.2.ということだと思う。

1.2.を行わずに否定してしまうと、水掛け論ですよね。

なんか今日気づいた。またひとつ大人の階段を昇った気がする。

20日のサイトオープンに向けてアクセルを踏み込むが、何ぶん未経験の領域なもんで空ぶかしになっちゃって、エンジンが焦げ付きそうです。

Today's BGM is
Stevie Wonder/Essential Stevie Wonder
51a6z5mymml_sl500_aa240__2 マイケルが先に逝くとは思わなかった。目の見えない、肌の色の違いが視覚的にはどうでもいい盲目のスティービーがマイケルの整形とかをどう思っていたのかな?追悼コンサートのスティービーの清らかな歌声に胸を打たれた人は多いと思うけど、彼の超越性と、超えれない壁にもがき苦しんでいたであろうマイケルの苦悩。勝手に僕はドラマを作って観ちゃったけど、スティービーの苦しみは、孫の顔見たさに目の移植手術を考えたエピソードで想像が広がる。「For Once in My Life」のようなどこまでも登り詰めていくようなスティービーの高揚感が堪らない。

| | コメント (0)

2009年7月13日 (月)

企業内アントレプレナー・シップ

先週末は、株式会社シェアするココロの初給料日でした。

給料計算に四苦八苦で、喜びを噛み締めるどころか、間に合わなくて給料貰えませんでした(T_T)

こういうとこ、サラリーマン感覚が抜けません。

払いすぎて返してもらったりm(__)mスマン

でもって予算書とかを眺めながら文字通り金勘定をしていると、収益見込みとか、いろいろと自立の道の模索が始まるわけですよ。

ここばかりは楽観できませんから。

一番楽チンな方法はわかってるんですが、みんなそれやって苦しくなってるのを見て来てるし、そことは別ステージで持続可能な支援を展開するために、シェアするココロは株式会社になったわけなんで、それは可能な限りしたくないよね、と確認。

一先ずそこを押さえつつ、「何すんべえ」という話をしてて…。

本家のウェブサイト『シェアコロ』ももうすぐオープンしますが、赤ちゃんですからね。

いろいろ、ものになりそうなアイデアが出るんだけど、「でもさ、それをシェアするココロがやんの!?違うべ?」「んだなんだな」なんて。

これだ!っていうアイデアは出なかったけど、方針としては「チャレンジはするけど幅は広げない」ということに自然となりました。

各自スキルアップはしていくけど、領域からははみ出さないで行こうと決めました。

社員たちに、年と月単位で自主事業をどの程度伸ばしていかなければならないか、確認するいい機会になりました。

みんな、経営というものを肌で感じたんじゃないでしょうか。

僕らは自分たちの主義主張を貫くためのバックグラウンドを創るための努力を怠らない。

一人ひとりが誓ったと思います。

企業内アントレプレナー・シップとはこういうことだと思います。

この緊張感をどう維持し、目標を達成していけるか。社長の腕の見せ所です。

Today's BGM is
RCサクセション/BLUE
516tbqxx0xl__sl500_aa240_ 自分でもビックリなのだが、RCのCDはこれと『EPLP』だけだった。「え!?」て感じ。多分、高校生の時に歌詞レコード屋で借りてテープに録ってずっと聴いてたから、聴きたい時にいつでも頭の中で聴けたんだろう。当時のリアルタイムは『Feel So Bad』で、あのレコードはどこ行ったんだろ?ロッキンオン読み終えて。なんかホントに死んだんだなって沁みて来ちゃって…。20歳の時ハワイに行ってチャボに似てるって言われた。「よそ者」とか、なんか切ない曲が並ぶな。

| | コメント (0)

« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »