« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2009年1月11日 - 2009年1月17日の4件の記事

2009年1月17日 (土)

市民発!CSR推進プロジェクト

市民・行政・NPOなど多数なメンバーによるワークショップ
〜CSRの裾野を広げるために、今、何をすべきか〜


という「市民発!CSR推進プロジェクトが主催するワークショップにアンソニと2人で参加してきました。主催者については、しっかり説明出来る自信がないのでリンクでご確認下さい。Vfsh0267

企業の方、市民の方、僕らのようなNPO等、さまざまなジャンルの方々30名ぐらいが参加していました。

僕らの狙いは、ずばり人脈構築とCSRについての市民感情というか、どんな風にみんなはCSRというものを見ているのかというリサーチ。

結論から言うと、人脈構築というミッションは、「所属から離れて市民として語ろう」的な趣旨があり、積極的には果たせなかったけど、主催者の吉田さんにはご挨拶が出来て良かった。

CSRの市民感情は、うがった見方がけっこうあったのが意外というかやはりというかで「隠れみの」とか「偽善」なんて言葉が聞かれた。

でも、「偽善でもCSRが行なわれることはいいのではないか」ポジティブな意見になんとなく賛同があったような気がした。

Vfsh0266僕も「収益事業とは清濁併せ持たざる得ないわけだから、“濁”を否定してもしょうがない。だからCSRがグリーンウオッシュの材料に企業が使ってもいいと思う。でも、少しずつでもCSRによって“清”の部分が広がったら、それはハッピイなことだと思うので、やはりCSRを推進して欲しいと思う」と青臭い意見を述べさせてもらった。

小川功記プロデューサー(なんだか凄い人らしい、検索してみてください)という方がまとめの挨拶をしてくれて自分の言ったことを補足してくれた気がして嬉しかった。

氏いわく、人は真っ白(善)でも真っ黒(悪)でもないグレーである。きっと白い人も黒い人とも付き合うのは大変であり、グレーだからこそ、人の痛みがわかったりして繋がれる。だから真っ白になることを目指すことはない(NPO/NGOが繋がりにくいのは真っ白でいようとするからだとチクリ)と。

みんなグレーでいい。弱音を吐きながらこのプロジェクトを推進していきましょう!といういいメッセージをくれた。

「グレーって優しい色」

そんな風にグレーを見ていなかったので新鮮だった。

Today's BGM is
Valerie Carter/Just A Stone's Throw Away
Valeriejustaway まず、大抵の男はこのジャケにやられるんじゃないか?先に音にやられていたとしたら、半開きの唇、青いだろう瞳にイチコロだろう。僕がそうだった。77年という録音技術の成熟と楽曲と面子、なんともいい形で一人の女性シンガーの姿がパッケージされたアルバムだと思う。バックも凄腕揃いの贅沢なアルバム。個人的にはローウェル・ジョージの参加が即買い要因でした。大人向けのアルバムですが単なる歌モノじゃないっす。

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

横浜ビジネスグランプリ結果!

駄目っしたあ!

結果が郵送で届くんですが、厚みがあるってえことはあれか!?Vfsh0264

みたいなワクワクドキドキ感は、そりゃあもう楽しませていただきました。

昔からむやみに自信があったりするので、駄目だったときのリバウンドがデカイんす。

そこを抑えるために、厚みがあるのはどうせセミナーなんかの案内だろうと、あまり期待値を上げないようにしてたんだけど、ずばり案内でした。

気分変えて今度はドリームゲートです。

早速取り掛かろうぜ!とハッパをかけましたが、その前に、お蔭様で固まってきたビジネスモデルを一度おさらいし、弱い部分を叩き直そうと思います。

いやあ、世の中、事業計画書を書いたことがないまま、資金潤沢で会社を始めた社長も結構いるようですが(妬み)、我々にとっては、こんなことがいい修行になっています(強がり)。

とは言え、三月末で退職。なんらかの資金的なめどを付けないと…。

事業プランコンテスト系である程度のとこまで行き、それを足掛かりにベンチャー・キャピタル等の出資者を探していきたいのですが…。

頑張らないと。

キャリーオーバーにつられて買ったLOTO6、当たんねえかなあ。

Today's BGM is
John Lennon/Rock 'n' Roll
74c9b412686a48129cc13773f9f86f45b_2久しぶりに。活き活きしてんだよね、このアルバムのジョンは。若き日のアイドルに成り切ってシャウトしまくりでさ。1番好きかも。ジェシ・デイビスとか後から知って輝きを増したりして。生きてりゃVoI.2があったと信じてる。ビートルズからのジョンのR&Rをまとめたくなった。ちなみにジャケットのジョンはビートルズ時代の写真なんでしょうか?かっちょいい!

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

年明けのCSR広告ラッシュをどう読むか?

今日、横浜ビジネスグランプリ二次審査の結果発表の日で、少しそわそわしています。

結果はメールではなく郵送です。メールと郵送って、受け取る側の重みって随分違いますよね。

年が明け、企業のコマーシャルがやたらCSR的な戦略になっているのに気付きませんか?

今、僕が乗る中央線の車内広告を見ても、読売新聞のCSR広告が大規模なキャンペーンをしています。

物づくり系企業では環境アプローチ系が目立ちますね。

アメリカの金融破綻による深刻な不況下でのCSR戦略。

この流れをどう読むのか?

庶民レベルの発想(私)では「こんだけ不景気になったんじゃあ社会貢献どころじゃあねえだろうなあ」と、年末には考えていたんですよ。

それがこれ。0

私たちシェアコロの事業プラン的にはウェルカムですが、流れが読めないのは戦略的とは言えませんからね。

こういうのって毎日日経新聞とか読んでるとわかるんでしょうか?

さあ、ここで僕のあてずっぽうの読みをしてみたいと思います。

一つには(この書き出し、この時点では何も思いついてないのに最低二つ挙げないとならなくなる強制発想「一つにはハック」である)。

改めて。一つには大企業のグローバリゼーションに対する反動、或は反省のポーズではないでしょうか。

株主以外のステークホルダーたちは、アメリカの三大自動車メーカーの危機を「ざまあねえや」と白眼視している面もあるわけで。

一人勝ちした奴が叩かれるのは感情論的には当然であって。

ここへの警戒もあってコーポレーション・シチズン・シップ(企業市民精神)なんていう、一人勝ちした奴が「いやあ、皆さんのお陰ですよ。今日は私が日ごろお世話になってる皆さんへの感謝の気持ちに、ここは私が」なんていうことしないと怨まれるぞという自戒が裏にはあるわけで。

基本イメージアップ戦略ですからね。

結論は、派遣切りやらの「汚い」部分を浄化させる作用を求めてのCSR広告かなと。

もう一つには…。

あ、駅に着いたんで。失敬!

Today's BGM is
Miles Davis/E.S.P
515dyjr8erl_ss500_1トニー・ウィリアムスの無邪気なドラムって言うのは革命的だと思う。R・ガーランド⇒B・エバンス⇒ハンコックというのも地代だし、やっぱマイルスを聴いてるとビバップからフュージョン、果てはヒップホップまで、地代の流れ、息吹みたいなものが聴こえてきますね。マジカルなW・ショーターも聴き応えありですが、はじめて今日CDで聴いたら、R・カーターのベースが凄くいい音で録れてるんですね。レコ知らない人はCDを聴くべし!

| | コメント (2)

2009年1月12日 (月)

スリー・ヒッツ・セオリー

昨日は、シェアコロの新年会でした。職場が離れたり、産休中の者がいたり、なかなか全員集合する機会がなく、全員で集まるのは二ヶ月振りぐらいでしょうか。

「横浜ビジネスグランプリ」で、すっかり広告会社と化した僕らシェアコロですが、そんな切り口でいろいろとネットサーフィンをしていると、今まで知らなかった言葉に出会うことしきり。

その中で気になったのが「スリー・ヒッツ・セオリー」である。

「スリー・ヒッツ・セオリー」とは、広告の露出回数に関する理論で、「広告の露出頻度(Frequency)は3回目で広告のターゲットに有効な効果を示すとするクラグマンが提唱した理論。広告の露出については、回数が少なすぎては消費者に覚えられず意味がないとする最低有効フリークエンシー(Frequency)と、露出しすぎると飽きられて効果が薄れる最高有効フリクエンシー(Frequency)という考え方があり、スリーヒッツセオリーは、3回程度ターゲットに到達する広告が効果を最大化させるとする理論である。

例えばこんなことかな。変なCMから企業名(商品名)を知るというイメージだとこんな感じだろうか?

1回目:「なんだ今の変なCM?」
2回目:「あ、この前の変なCMだ、なんのCMだろ?へえ〜A社のCMか〜」
3回目:「あ、A社のCMだ、これ面白いよね」

この感じよく分かりますよね。「スリー・ヒッツ・セオリー」、なるほどである。

で、昨日は自分たちのサイトでスリー・ヒッツをどう達成させるかについての会議。

いやあ、起業するにはホントいろんなことを考えなければならないんだけど、こういうサイトのビジョンを話し合う時間が一番楽しい!

夢みたいなことが実現しちゃうテクノロジーのお陰なんだけど、何を言ってもテクノロジーがフォローできちゃうって凄いですよね!?

でも、既存のテクノロジーを超えることがイノベーションなんで、まだまだっすねって感じなんですが。

結局、どうなったんだっけ?酔っ払っちゃって(笑)

確か、一人1〜2個のアイデアを出して…。

風邪をひいてしまったので、今日は家に籠り昨日話された内容を思い出しながら、サイトの事業プランに色を塗る作業をボチボチしていよう。

Today's BGM is
ラリーパパ&カーネギーママ/ラスト・アルバム
Ydcd0103 これはラスト・アルバムではありません。ややこしいな。こんなバンドを組んでみたかったな。コアな音楽好きが集まったって感じの音で、何をやらせても、どこを切り取ってもニンマリとさせられる。音のツボってヤツが詰まってるアルバムである。はっぴいえんどチルドレンのサニーデイサービスが表なら、彼らが裏って感じ。もっと評価されるべきです。ホントのラストアルバムである「ライブ」は聴き物ですよ。



| | コメント (0)

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »