« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »

2009年8月23日 - 2009年8月29日の5件の記事

2009年8月28日 (金)

「地球を見つめ直すと自分が見えてくる」オープントークVol.1@Y150ヒルサイド

夏休み中に更新しなかったことで、このブログが仕事であることに気付いた今日この頃ですが、また新たな発見がありました。

僕のブログは、無意識でしたが割とどうでもいい、些細な出来事や、ココロの揺れを掬い上げつつ、繋がりがあるような、ないようなことに飛躍するようにできているようなんです。

なんで、あまりにも大きな出来事を書くブログじゃない。

それは、基本的に携帯からの更新という入力環境が大きく影響してるということは薄々感づいてはいるんですが…。

なので昨日ヒルサイドで行われハマトリアム・カフェ初イベントは、このブログのキャパを超Image506 えているので、ちょっと書き出し兼ねています。

なので、取り急ぎは、お礼と、報告となるリンクを。

遊緑地設計(有)の高橋さんハマブンブン・プロジェクトの岡田さん、素敵なトークをありがとうございました。僕らみんなほぼ同い年ということもあり、意気投合しちゃいました。この出会いを大切に育てていきたいと思います。

NPO法人コミュニティ・デザイン・ラボの皆さま。設営や撮影ありがとうございました。特に杉浦さん、感謝してます!これからもピースフルなイベントを共に創っていきましょう!!

横浜市こども青少年局地球温暖化対策事業本部の皆さまの仕切りがなければ、ここまで辿り着けなかったと思います。スタッフ一同精進していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

Y150の吉沢さん、K2真実さん、ユースポート横濱岩永くんをはじめ、関係団体の皆さまImage508 も本当にありがとうございました。

↑杉浦さんが、若者にいい話してました~(◎´∀`)ノ

ハマトリアム・カフェで今後紹介していきますのでそちらをお楽しみ下さい。

ヨコハマ経済新聞
http://www.hamakei.com/headline/4273/

Y150市民放送局
http://www.stickam.jp/video/179237347

Today's BGM is
King Curtis/Live At Filmore West
517kykx2q0l_sl500_aa240_ はい、今朝はこれ。何と言ってもオープニングのあれ。 「Memphis Soul Stew」これの「Stew」って、ずっとなんだろ?って思ってて。キング・カーティスの言ってることはレシピだから、「すてゅう」じゃなくて「シチュー」だろうなと思ってたら、その通りでした。これがアレサの前座ですからねえ。その日の客になりたいですよ。アレサの方もですが、観客が白人だということを相当意識している選曲なのかなあ?彼のサックスが凄いとか、そういう聴き方じゃなく楽しみたい一枚です。

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

定時制高校NOW!その2

ここで定時制のことを書かせて頂いた。

この時に、とりあえず取材させてもらってきます、という取材が、ハマトリアム・カフェ通信で記事になっていますので、是非、ご覧下さい。

戸塚高校定時制から「先生たちの放課後座談会 その1」

「先生を励ますのは誰なんでしょうか?」という記事を去年の11月に書いたけど、その中で自分が、「それはシェアコロではないか?」と書いているが、少しは励ませただろうか?

こんなことで何かが変わるなんて思ってないけど、こんなことから変わっていくんじゃないかということは、本気で信じれる。

Today's BGM is
The Band/Northern Lights-Southern Cross「南十字星」
22426029 このバンドに何を求めているかで、このアルバムの評価は多少ぶれるのかな?「地下室」や「ビッグピンク」あたりのモコモコとしたあの田舎臭いサウンドを求めるとこのアルバムは肩透かしを食らうかもしれないけど、それはうるさい奴らの言い分だろう。最高だ。タイトなリズムセクションの自由奔放に飛び回るガースがいい。そして肝はロビーのカキンコキンギター。そして名曲「Acadian Driftwood」あのイントロ!サンプリングしてずっとループさせてみたい。先生たちとこんなBGMで呑みたいな。誘ってみよう。

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

「縦割り行政」という合体言葉について

武蔵溝ノ口駅のキオスクに売ってる『軍艦カレー』がすごく気になりつつ、手を出すことができないまま四ヶ月が過ぎた不肖ボクチンです(サムガク長岡さん風)。

昨日は、三つの行政関係の会議をはしごしました。

三つの会議すべてで「縦割り行政」という言葉が聞かれました。高度にインフラが整備され、更に機能的に次の次元へ飛躍する際に、この「縦割り」って奴が弊害になるわけですね。

その言葉を使う行政人は、ポジティブに縦割りを超えて、という風に、多少の自虐と自嘲を交ぜながら使うわけですが。

「縦割り行政」の「縦割り」が悪の権化のような言い方で、「行政(自分たち)」は悪くないというようなエクスキューズが多分に含まれているような気がしましたが、どうなんでしょう?

ちなみに小数精鋭の我社でさえ、やもすると誰が何をしているのかわからなくなります。

「あ、それは○○に聞いてください」って、よくよく考えたら、たらい回しですよね。

「社長をたらい回しにしやがってこんちくしょう」とはあまり思いませんが。

多分、行政施設に電話で何かを問い合わせて、同じこと言われたら、怒っちゃう感じだと思います。

まあ、質問にたどり着く労力も違いますが。

あえて言うと、縦割りって、ある種のシステムを機能的にさせようと思ったら、必ず起こり得るものなんだと思うんですよ。

他の部局が何やってるかわからず、似たようなことしちゃう、みたいなのは最悪な縦割り行政だとは思いますが、若年者の就労支援には非常に多いんですね。「ジョブカフェ(経済産業省)」「サポステ(厚労省)」の施策の違いを明確に説明できる人がどれだけいるんでしょうか?

隣の部署で起きてることがさっぱりわかっていない行政人は実際多いです。ていうか、理解の限界を超えた人事システム等、担当者レベルを攻めても可哀想な気がします。

話を戻すと。

縦割りさんはあんまり悪くないよね。まあ、しょうがないよね。ほんとに悪いのは行政さんだよね。

ってことなんじゃないかなあと思ったのです。

この場合の「行政」ってのも「大人」という言葉に相当近いひっくるめ感がありますね。

多分、子供や若者がよく理解できない不特定多数を指す際の「大人ってさ」に限りなく近い。

そう言われると僕はアッタマ来たりしますが、きっと行政さんたちもそうなんだと思います。

政治を行う人たちに変化が求め続けられています。今回の選挙で何かが変わることを願い、一票を投じたいと思います。

そういえば、こないだ。不意に自民党のマニュフェストも入手したんだ。週末じっくりに読み比べてみよう。

Today's BGM is
Big Brother & The Holding Company/Cheap Thrills
61yv5dp41ml_sl500_aa240_ 今朝、スーパーフライちゃんがウッドストックでジャニスの曲をやっているのを観て、そういう触発で聴いてた。このアルバムは、どこまでが演出でどこまでがライブなんだろう?グラスの割れる音とか、タイミング良すぎ。ビッグブラザーの演奏は、当時のサンフランシスコそのもののようで、ある気分に浸るには、ティルフルトよりいいです。ジャニス。死ぬよなあ、それじゃ。RCのパクリジャケも秀逸でしたね。

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

株式会社自由民主党

またもや、麻生総理がやっちまったなあ。「金のないやつは結婚するな」みたいな。

今回の選挙には、これまで選挙を傍観していた若い世代も選挙に行くみたいだから、これは八回裏のスリーバント失敗的な痛さだろうなあ。

先の見えた九回を観るより、電車が混まないうちに家に帰りたい。

そこで、もしも、自民党が株式会社自由民主党だったらなんてことを想像してみた。

アルバイト君たちが必死に駅前で「責任力」と書かれたティッシュを配り、営業は、顧客回りで悪い噂の払拭に駆けずり回る。

必死に信用回復。

そこへ社長のどうしようもない失言が市場に流れる。

倒れてしまったドミノを、一本ずつ起こしていたら、先の方からまた倒れだしたみたいな…。

何度目だよ…。と、膝をつく社員たち。

さっき、頭を下げて来たばかり得意先から、早速携帯に電話が入る。

道端に捨てられた「責任力」のティッシュが風で社員の横を過ぎった。

もう、ドミノを起こす気力はないよなあ…。

会社なら辞めるだろうな。株式会社自由民主党のみんなは辞めないのかな?

理念は違えど、会社が目指すのはどこも人々の幸福。

ちょっと気持ちを切り替えれば十分新しい会社でもやり甲斐を見いだせるだろう。

僕ならそう踏んで、転職活動を始めるけど。

「どこに行ったって同じさ」という声が聞こえる。

「どうせ同じなら、せめて変われる可能性のある会社で働きたいよ」

僕ならそう考える。

Today's BGM is
今日は、坂本龍一やガイルズ・ピーターソン、ウィントン・マルサリスのポッドキャストを愉しんでます。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

インターンシップという社会貢献

このブログが夏休み中更新がなかったとこを見ると、どうやらこのブログは仕事らしい。

これでおおっぴらに仕事中にブログが更新できるぜ!

なんちゃって(>_ヽ)

いやあ、オリジナル顔文字。酷いなこれ。絵心はある方なんですけどね(苦笑)。

記事は通勤中に上げれるけど、ほら、BGMっていうの下の方でやっちゃってるじゃないですか。

あれがね…。PCからじゃないと…。あんまり読まれてないみたいだけど、なんか今更ねえ、みたいな。

はいっ!

休み明けで出社。月曜朝一恒例の編集会議で、溜まっていた懸案事項をばったばったと斬り捌く敏腕社長…。

なんてわけにはいかないんすよ、ワカモノたちよ。そんな奴はテレビの中と、無責任な奴だけっすよ。

クリエイティビティと経営の間で判断に窮しながら、一つひとつの懸案事項を慎重に取り除いていくんすよ。

大人はなんでも知っているわけではなく、なんでも知っているよう顔をしながら、知らないことをこっそり調べたり、さりげに聞いたりしながら、仕事してるんすよ。

「で」抜き言葉で愚痴るとリアル。というハック。

名付けて「で」抜きハック。

何とか昼までに会議を終わらせ、一気に決定事項を議事録化してスカイプで配布して、GoogleのドキュメントでTODO化して、関係各位に電話やメールで確認やら伺い立てつつ、資料をファイリングしてから、GOサイン出して作業にかかるんすよ。

ここ凄く大事!

僕もこの三年くらいで身につけたスキルな気がしますが、ワカモノにはここを教えてあげたいかなあ。

いやいや。受け入れてみようかと思って、ほら、インターンシップ。

我社が今できる唯一の社会貢献だろうし。やんないとね。

無難でいて、関わった感の高い仕事を用意しよう。最後にはハマトリアム・カフェの新規コンテンツの企画会議を擬似的に開催しプレゼンテーションさせよう。

でもって、「我社で初のプレゼンテーションをしたのは君だ!」と褒めたたえつつ、プレゼンテーションのスキルがいかに会社で役立たないかを教えてやろう。

これはいいぞ!

Today's BGM is
RCサクセション/Baby a Go Go
412cvt6m67l RCのラストアルバムと言っていいのかな?RCの最高傑作はこれだと思う。特にRCは清志郎が自分でも言っているけどレコードの音が悪い。そんな中、カバーズで得た意訳というスキルと、ルーツ回帰志向と、録音技術的な時代感がばっちりあったんだろう。こんな抜けの良い演奏してて、惜しい。幼児返りしてしまったのかと思わせるほどあどけない無邪気な清志郎のうた。こんなアルバムを残してくれてありがとう。『ロックンロールで独立する方法』をこのアルバムをBGMに読んでいる。堪らない。

| | コメント (0)

« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »