« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

2009年9月13日 - 2009年9月19日の3件の記事

2009年9月16日 (水)

事業計画書は所詮仮説

マニュフェストってやつを考えれば、言わずもがなだと思うけど、どんなに偉そうに、もっともらしいことが書かれていても、それが未来のことならば、すべて仮説なんですよね。

こんな単純なことが、頭っていうところは、けっこう理解しにくくできてるみたいで、特に自分の書いたことだと、責任とか、報いとかができちゃって、なおさら受け入れがたくなるみたい。

何を言いたいか?

それはシェアするココロの事業計画書のことです。

独立する前に、シコシコと考え、加筆修正を日夜続けていた、ほら、このブログにもよく出て来た、あの事業計画書のことです。

あれがずっと頭にあって。

あの事業計画書が履行される前に、シェアコロは運よくハマトリアム・カフェという仕事をさせていただくチャンスをいただいた。

今は、そのハマトリアム・カフェの充実に全力を注いでいるわけなんだけど、その間、例の事業計画書が宙づりになっているわけで…。

いろいろな出会いのなか、名刺交換の際などに「で、御社は何屋さんなの?」的なご質問をいただくにつけ、あの事業計画書が、ぶら〜んと浮かび上がるわけ…。

でも、あれは所詮仮説。絵に書いた餅なのである。

そう思えるようになったのは、先週の日曜。あの卑猥な中華料理屋での打ち上げの、ささやかなお喋りからのこと。

あの事業計画書に注ぎ込んだ時間や情熱を、ちょっとひと呼吸置いて考えてみる。

あの事業計画書には、確かに夢がある(まるでどこかの政党のマニュフェスト!)。

でも現実味に欠けていないか?

僕らは、この短いが非常に濃度の濃い時間に、あの時点で知らなかったことを知り、知らなかった人たちと出会い、新しい世界のドアをノックした。

仮説は所詮仮説だと受け入れ、検証するときが来た気がする。

子供だましは切り捨ててしまおう。お涙ちょうだい的なセンチメンタリズムは思い出に変えてしまおう。

そういう踏ん切りが、ようやくついてきた気がする。

Today's BGM is
The Beatles/Box-Set
51sd5hzximl_sl500_aa240_ 甲虫箱…。欲しい。大人買いしたい。あんまりわがまま言ったことないけど、これはわがまましたい。40歳になったら、そういうことしていいんじゃないの!?ダメなの?え!?どうせ全部欲しくなちゃうんだからさ。ねえ、いいんじゃないの、俺?家宝っていうことでさ。DVD付きだぜ!ん、も〜。どこに置こうかな?関内のユニオンで見たらけっこうでかかったぞ。飾るのかな?仕舞うのかな?あ〜、う〜、き〜。

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

青空編集会議〜シェアコロ・メンバー紹介〜

P9140020 昨日、マネイジング・ディレクターが、「今日の編集会議は、前から言ってる公園でやろうよ」と言い出し、近所の公園に行きました。

恐らくミスタードーナツが無性に食べたくてしょうがなかったんだと思います。

一昨日のイベントで自然について語り合ったばかりだったから、レッツラゴーでいざ出発。

えっちらおっちら大きな公園を歩きましたよ。登りましたよ。下りましたよ。

写真は、手前から一人で楽しいハイパー非常勤イナミー。その奥左がデザイナー兼ドラマーのコウジ、その隣がライター兼弾き語リストのフルチン。どうやらこの二人、Zaimのパーティーでコラボすることが、この時に決まったそうです。その奥の右がマネイジング・ディレクター兼キャリア・カウンセラーの歌丸と、ソーシャル・ワーカーのBig-O。何やら深刻な話!?P9140023_2

蚊がいない場所か、日陰かで議論になりましたが、蚊のいない日向の芝生の上で落ち着きました。

ドーナツを食べながら、昨日のイベントの反省をしました。ちなみに今日の反省は、ドーナツはひとつで十分である。

汗を流しながら、とてもソーシャルな新規コンテンツ、しかも二本の企画書を説明し、意識共有をしました。

現在のハマトリアム・カフェはかなり静的なコンテンツで読み物的なサイトになっていますが、この二つの企画が通れば、かなり動きが出てきますよ!

これ、二つともいいですよ〜。皆さん、参加できますんでお楽しみに。

ちなみに、この青空編集会議、結論からいうと写真1枚目の移動中がなんかいい感じです。歩きながらじゃなきゃしない会話ってあるんだなって。目的地に辿り着くまでにちゃっちゃと終わらせられつつ、「今だ!」的な勢いのある駄馬なしに花が咲いていました(笑)

二ヶ月に一度はやりたいですね。では、我が社のソーシャルなマインドに溢れるスタッフたちです。

P9140026_2

Today's BGM is
Cal Tjader/Tjader
D0045900_1448489 昨日の朝はキリリと涼しかったのですが、なんだかんだ暑かったですねえ。で、ジェイダーおじさん。この人のビブラフォンの好きな所は、いくらヒートアップしても消して汗の匂いがしないクールなプレイでしょう。これはラロ・シフリンのアレンジ(だっけ?)で、かなり燃えますが、ジェイダーは冷静沈着。不思議な人です。実は次のメガネを考え始めているのですが、このジャケを見て、黒ぶちのセル・フレームと決めました。ドノバンはなぜこの手のミュージシャンに愛されているのか?

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

ハマトリアム・カフェ@野島青少年研修センター

昨日は、横浜市で唯一自然の海岸が残る野島公園で、第2回目のハマトリアム・カフェ・オフライン・イベントを実施してきました。第1回目のご報告はここ。

Image541何をしてんだ?

と言われたら、ゲスト呼んで話し聞いてんだい!としか言いようがない企画ですが、この話しが毎回、実に含蓄に富んでいて面白い。

話を聞いて欲しい対象は、目の前及びウェブ上の若者たちなんで、僕は若者の代弁者となり、ゲストから話を引き出す役割なんですが、僕自身が個人的に掘り下げたい話が実に多い!

そこをスルーせず聞いちゃう感じが楽しいんじゃないかと思います(笑)。

前回、ゲストで参加していただいた遊緑地設計の高橋さんが、昨日はお客さんとして来てくれていたんだけど、「これは大人が聞いても楽しい」と。

そうなんですよ。出張先で、ふらっと入った居酒屋のカウンターで、見ず知らずの人の人生を聞いているような醍醐味があるんですよ。

まあ、居酒屋のカウンターには質の悪いのもいますが、こちとら厳選したゲストですから、ハズレない。

毎度、司会進行というゲストを独占できる喜Image544びを神に感謝しています。

昨日のゲストは、山下公園の海底清掃を29年していらっしゃる、「海を作る会」の坂本さんと、小学校にビオトープや地域にたんぼを作る活動をしている「NPO法人横浜こどもと自然ネットワーク」の尾上先生。

お二方とも知る人ぞ知る、そのジャンルではパイオニア的な存在の方々。話がつまらないわけがない。

詳細は、サイトで報告させてもらいますが、二人とも本当に自然体で取り組んでるんですよね。

昨日も多くの気付きをいただきました。

仕事を通じて自分が豊かになれるという実感が得られる。という、人と関わる仕事の1番の醍醐味を存分に味わってます。

終了後のラボとの打ち上げもまた楽し。野毛の三陽、デビューしましたよ。チョメチョメ麺は食べそびれたけど(笑)

Today's BGM is
Willie Nelson/American Classic
Wv1i0n_2 トミー・リピューマのプロデュースの企画モノでしょうか?企画自体はロッド・スチュアートの当り企画の二番煎じに他ならないが、英国人のロッドではなく、アメリカ人の、しかもカントリー歌手のネルソンが割とジャジーなアレンジでアメリカン・スタンダードを歌う。これねえ、一緒にギターを弾くと最高にダンディーな気分に浸れるんですよ。ほぼミディアム・スローなんで弾きやすいし。クリーンなトーンでね。Blue Noteも、なんでもありっすね。

| | コメント (0)

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »