« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »

2009年2月8日 - 2009年2月14日の6件の記事

2009年2月14日 (土)

URL変更の予告です。

「ブルーな気分」

「こつこつと積み上げた仕事を途中途中で「意見を聞かせて?」と投げ掛けて来たにも関わらずなにも言ってもらえず孤独に作り続けてきた仕事を最後に否定された時」

このブログ、実は「Little Ripple Champloo」というタイトルで書きはじめて、途中「シェアするココロ」に変更したんですよ。

その際に、タイトルだけ変更して、URLは面倒臭いので変更しなかったんだけど、自分の新しい名刺にこのブログを入れときたいと思い、この機会に変更させていただきます。

お気に入りから飛べなくなるので、「シェアコロ」でも「シェアするココロ」でも検索して下さい。トップ表示されますので。

携帯も新しく買いました。三月末まで今のが使えますので、それまでには新しい番号等をお知らせしたいと思います。会社の窓口がこの携帯になりそうなんで、メールアドレスとかもふざけた感じなのはまずいな、とかいろいろ考えさせられました。

Today's BGM is
Muddy Waters/Woodstock Album The Muddy Waters Woodstock Album
Front 僕の友人のレビューが秀逸です。ラストワルツでのマディのステージに知らない顔が数人いるんだけど、マディが何をしでかすか分からないので、何をしても対応出来るようにマディ・バンドのメンバーに入ってもらったと。スコセッシのカメラクルーの休憩中にマディが歌い出し慌てたら一人カメラを回しているクルーがいて助かったとか。あのシーンがエピソード満載で好き。これは大好きなガース博士のハモンドとアコーディオンが大活躍している異色作。温かい。

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

NPO法人の予測市場を集合値で作る

今月号のフォーブス日本版の記事に、タイトルのようなことが書かれており、大変興味深い。なんて書くと購読している風だが立ち読みである(*v.v)。

日本版とはいえ、書かれていることは向こうのこと。当然、NPOを巡る社会的背景は寄付文化の有無で全然違うわけだが、何が書かれていたかというと、

玉石混合のNPOに盲目的な寄付をするのはやめて、寄付するに値するNPOに寄付をし、寄付するに見合わないインチキNPOに無駄な寄付をしない仕組みを作ろう。

さあ、どうやって?ここがWeb2.0的で面白い。書いた人曰く、「集合値による予測市場を作って、NPOを正しく評価してはどうか?」というのである。

大賛成である!

どっかの親玉が目ん玉ひん剥いて「NPOを正しく評価できる奴がどこにいるんだ?」と言い出すことが目に見えるが、いい加減、ソーシャル・ビジネスを神聖化というベールで覆い隠すのは止めましょうよ。時代遅れだって。

正しく労働基準法を遵守しているかとか、お金の流れは明瞭かとか、組織のミッション性は明確であり、効果性はどの程度かとか、持続性を確保するために次世代育成に積極的に取り組んでいるかなど、至極当たり前でいいのですよ。

集合値に対して、「専門家と同等の、時には専門家を凌ぐこともる」という評価も書かれており、そうこなくちゃ、と思うのであった。

立ち読みレベルでアレですが、日本版、是非作りましょう!

Today's BGM is
Stephen Stills/Stephen Stills
S174941それじゃあ寒いでしょのソロ1作目。なんとも吹っ切れたというか、悟りを得た感のある歌声とサウンドである。「Love the One You're With」は先にアレサのフィルモアやアイズレ-で聴いてて、なるほどのオリジナルなんだけど、スティルスに脈打つラテン・フィーリングが大合唱を誘う。それにしても音が悪いんだよねこの曲。味と言い切れないモコモコ感がなあ。オルガン好きに!

| | コメント (0)

2009年2月12日 (木)

ペライチで語り切る。

どんなに複雑なビジネス・モデルも、ペライチで語り切れる、エッセンスの抽出とでも言うべき凝縮の仕方があると思う。

この作業をコーヒーを煎れる作業に例えてみよう(確か去年の目標は「例え上手になる」だった)。

熱いお湯、即ち情熱を注ぐのは簡単なんである。

重要なのは、ガラとして捨てる部分が問題となる。まだ味は出ると欲張ってお湯を注げば、当然コーヒーは薄まる。

ペライチという濃厚なコーヒーを煎れるわけだから、お湯を入れ過ぎてはいけないし、まだ味の出る豆を捨てなくてはならない。

人は貯めることの方が上手にできて、捨てることが苦手なように作られてんだと思う。特に日本人は。

まあ、思い付きで例え話をはじめるのは酔っ払った時だけにしようと思いつつ少し話題を変える。

とある会社では、「うちの事業の全体像を語り切れるようになるのに二年は掛かる」なんてことが言われている。

その会社は、二年以内の離職率が相当高いので結局誰も法人を語り切れない、というお粗末なオチを言いたいわけではない。

「二年は掛かる」という遠回しに事業規模のでかさを誇る田舎臭い見栄を正しく言い換えると、実はこうなる。

「うちは教育システムが未だに成熟していないし、理念だのミッションなんてこのかた考えたことがないので教育のしようがない。だけど、どんなやつだって毎日この仕事をしていりゃあその人なりに哲学ができてきてそれらしいことを言い出す。それにはまあ二年かかります」。

これが正解である(こういうことに気付くようになったのはアントレプレナー・シップが芽生えたおかげだと思う)。

別の法人の方は呑んでる席で、「漸くうちの若い連中も法人を語るようになってきた」と言った。

それはいいことだと素直に思ったけど、「その若い連中は理事長の頭ん中を理解してんの?理事長がなんでこの仕事をしていて、何を目指しているのか知ってんの?」

次はそこだよな、という話しになった。

僕は、ここ一ヶ月半くらいずっとそんな「言葉や図にする」作業に没頭している。クリエイティブこのうえない。こんなことだけして誰かが金をくれるなら!なんて素晴らしいんだろう。

でも、「三つの実現」とか書いて二つでずっと止まってたり、見やすいレイアウトや色使い、キャッチ・コピーの細かい修整など大変な作業なんである。

ミッションや理念はいくつかのビジネス・プラン・コンテストで定まった。

それを誰が欲しているのか?

どうやって利益を生み、持続性を確保するのか?

そんなことをペライチで語り切る。まず難しい。裏面を使ったってペライチだとか言って…。

もうすぐできる。これでうちの会社を二日で語れるようになり、20分お時間を戴ければ語り切れる素材が出来上がる。

魂を注ぐことがOJTだろうと思う。

このペライチで投資家を納得させ、熱烈なエバンジェリストが誕生する。

嘘があってはならない。

Today's BGM is
Al Kooper/Black Coffee
263601l1あまり本文とリンクしたものにするような凝ったコーナーにするつもりは毛頭ないんだけどね。よ~く見ると本人の顔が映り込んでで恐ろしい。この人を語るほどこのほどを知らないないんだけど、年を取って緊張感が薄れたのがこの人の味になっている気がする。オーソドックスなR&Bへの捻りぐらいがおつな冒頭から引き釣り込まれるが、ショボイ打ち込みシンセっぽいのが混じるはライブあるはで散漫。古いファンにはこれがいいのかな?

| | コメント (0)

2009年2月11日 (水)

三点見積法

シェアコロのトラフィックとロイヤリティの関係を図にしている。Vfsh0287

途中から広告も入れ込んでみた。インプレッションやトランザクション効果などが浮かび上がってくる。

収支計画の広告収入の根拠性が欲しくて、計画書の広告枠を入れていく。全体的には、まだ枠が取れそうだと感じるが、ここで問題に気付いた。

収支計画書の広告事業の設定が、全部の枠が埋まったらの話しになっているのである。

最悪のシミュレーションとして悲観値を出しておこうと思い、悲観値の反対語を何値と言うんだっけと思い調べたら、出会いました。

PERT (Program, Evaluation, and Review Technique) 分析 (PERT 分析: Program Evaluation Review Technique の略。楽観値、期待値、悲観値の 3 つのシナリオに基づいて、予想される結果を評価する方法。)

三点見積法っていうんだって。

お客様に見積もりの妥当性を示す方法で、要するに美味い話しだけして胡散臭がられず、リアルな見積もりをする方法である。

この方法では、想定値を以下の三つに分けて算出する。

1.楽観値
2.通常値(期待値)
3.悲観値

方程式はこれ。

三点見積もり値=(4×通常値+悲観値+楽観値)÷6

なるほど!

画期的である。試しにこの計算式を使ってみると。

例えば、自社サイトの広告枠を10枠とする。1枠単純に1万円として営業をかけた場合、

1.楽観値=100,000円(全枠が完売!)
2.通常値=60,000円(±0の想定)
3.悲観値=30,000円(全然ダメ)

さあ、この場合の三点見積もり値は、61,666円となるってこと。

う〜んこんなことも識らないで会社ができるのか不安にもなりながら、前進した気分である。

初年度から四年目まである収支計画書の二年目の収入をすべてこの方法で計算してみる。

うんうん、初めっからこんな上手くいくわけがねえんだよな、と合点のいく数字がはじき出されていくのだが、だんだん青ざめてくる。

黒じゃねえよ、赤だぞこれじゃあ!

まあいい。まだ紙の上のことだから。すべて計算し直そう。

上で試しに計算した()内をどうするかだけど、 どうやら楽観値、通常値(期待値)、悲観値には定義はないらしく、その都度妥当な根拠を当て嵌めるらしい。本当か!?

何れにしろ、ここを間違うと痛い(>_<)

トラフィックや広告枠数(恐らく技術的には無限)の設定をしなければ、ここを見積もれない。

逆に言えば漸くこれで確かな収支の計画が立てられる!

やっとかよ。

やっとだよ。まあ、リアリティってヤツだろう。

何だか今日から、第二章『旅仕度編』(ダサッ!)がはじまったような気分である。

Today's BGM is
The Allman Brothers Band/At Fillmore East (2CD Deluxe Edition)
Post2596391154356487 なんだかんだコレなんである。練り込まれたパートとジャム・パートのボーダレス感が堪らない。観客も録音もいい、そしてジャケがまたいい。一度でいいからツアーに出てみたい!そんなバンドへの憧れを掻立てる。ちなみに裏ジャケはヤサグレたツアー・クルーたち。中ジャケの猥褻な赤いスポットライトに照らされたバックショットがまたまたいい!楽器を演奏する人、特にバンドでのライブ経験があると更に効き目が倍増するアルバムである。

| | コメント (0)

2009年2月10日 (火)

<ユースワーカーと共に考える市民ケース・カンファレンス>@横浜開港150周年協会

なんとなくシェアコロ企画デビューな@横浜開港150周年協会でのワークショップ。

私が運営委員を勤めさせていただいていて、このブログでも何度か取り上げているユースワーカー研究会を横浜開港150周年協会で開催し、創発メンバー(協会の方たち)に聴いてもらおう、というところから始まったこの話し。

せっかく意識も高くネットワークも広範な創発メンバーの方々が参加していただけるなら公開型じゃもったいない!

語り合わなきゃ損!ということでアイデアを少し出したら、私にお鉢が回ってきたと。

スイッチ入りますねえ、こういうの。で考えたのが以下のようなこと。

<ユースワーカーと共に考える市民ケース・カンファレンス>

↑このネーミングいいでしょ?気に入ってます。ご興味いただいた方は是非。と言いたいところですが定員に限りのある内輪なイベントなんで、これを機会にユースワーカー研究会に参加したいという方がいれば、まず私にご連絡下さい。

*********************

■創発スタジオ
第6回 <ユースワーカーと共に考える市民ケース・カンファレンス>
--------------------------------------------------------
日時:2月20日(金)19:00〜21:00 場所:横浜開港150周年協会
                (横浜市中区新港1−6−3)
============================

毎月の第一週、第三週の金曜日に横浜開港150周年協会 会議室を
「創発メンバースペース」として、創発メンバーの方々に開放しています。

■内容説明:

ユースワーカーとは、青少年の自立と成長を援助する人のことです。
ユースワーカーは、家庭崩壊や地域の教育力の低下に起因する青少年の心と、
体の荒廃に立ち向かうために生まれました。

世界的に見ると、イギリスなどでは制度化され、
日本でも、まだ数は少ないものの、
常勤・非常勤・ボランティアのユースワーカーが全国各地で活躍しています。

今回は、横浜の若年者就労の実態とともに、
横浜にて若者支援の取り組みを行っている「NPO法人 ユースポート横濱」の事例
を紹介します。
そして若者の育成・問題に取り組むユースワーカーと、
困難な課題を抱える若者の未来について、どのようなサポート、
社会資源が必要かを共に話し合い、市民一人ひとりが考える機会を設けたいと思
います。

■進行:シェアするココロ/石井氏

1.はじめに:「ユースワーカー研究会の活動紹介と趣旨説明(NPO法人 NICE
(日本国際ワークキャンプセンター/上田英司氏)」

2.事例紹介:「横浜市の若年者就労の実態と、若年者支援の取り組み(ユース
ポート横濱理事長/岩永牧人氏)」

3.ワークショップ:「ユースワーカーと共に考える市民ケース・カンファレンス」

4.まとめ

■参加方法

志塚昌紀(siz@bb-h.co.jp)まで、

下記項目を埋め、

件名を「<ユースワーカーと共に考える市民ケース・カンファレンス>参加申し
込み」にして、

メールにて申し込みください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■参加条件:

日時:2月20日(金)19:00〜21:00
場所:横浜開港150周年協会
地図:http://hill.yokohama150.jp/map.html

●対象=教育や青少年問題、若年者就労、ユースワーカーなどに興味、関心のあ
る方どなたでも。

●参加費=無料

●申し込み=(siz@bb-h.co.jp)

 お名前をご記入の上、ご応募ください。

<締め切り 2月18日(水)まで>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

********************** 申し込み欄 *************************

件名:<ユースワーカーと共に考える市民ケース・カンファレンス>参加申し込み

参加日:2月20日(金)19:00〜21:00

名前:(       )

ご所属:(       )(民間企業・行政・団体・その他)

何か一言:

*************************************************************
■当日連絡先:

志塚(090-5197-5859)

つながらないときは下記まで

財団法人 横浜開港150周年協会 ヒルサイド市民参加事務局
                ( 上平 ・ 後藤 ・ 松浦 )
TEL:(045)662−6482 

*************************************************************

Today's BGM is
Buffalo Springfield/ Again
Again1こっちも聴き直してみたら嗜好のカオス感はこっちの方がやっぱ強いっすねえ。ラストはビートルズのホワイトで、こっちはSgtというと伝わるのかな?ジャック・ニッチェとジム・メッシーナの感性の違いも関係あり?それにしてもモダンなバンドだと思う。そしてなんだかんだファズなんだと感じる。仕業はニール?シティルス?裏ジャケのフェイバリットがいいんだなあ。

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

『ドリーム・ゲート』にエントリーしました。

最近立て続けに「やくみつる」に似てると言われショックを受けてます。

加齢と共に似てるタレントの格がどんどん下がっていく今日この頃、昨日は『ドリームゲート』というビジネスプラン・コンテストの締め切りでした。

ないない尽くしの会社が生まれるので腹にいる間に少しでも栄養を与えないととやってるコンテスト応募もこれで四つ目。

ビジネス・モデルにはお蔭さまでクッキリと成長の跡が見えますが、またしても送信完了が怒涛の締め切り三分前(;;´Д`)10分前に無茶振りヤメテェ!

今回の審査員のお一人、マネーの虎で有名なんでしょうか?際コーポレーション株式会社の中島社長に、若い頃に福生で世話になっててご縁を感じています。

僕がバーテンやってたバーが際コーポレーションで、まあ、業績不振だから炒飯を出すぞということになり、ニラマンの厨房で炒飯の作り方を教わったなあ。生米となんかをフライパンで混ぜるという修行みたいな。

結局注文されてもカウンターが空になるし面倒だから断ってたけど(笑)Mrt0710191236003n11

また思い出話しかよ。歳っすかねえ!?やくみつるだし⇒似てねえよ!

その時一緒にバーテンやってたゴージンって男の店のサイトをその時カウンターで呑んでたコウジが作ってて、シェアコロも彼がやってくれると。繋がるんですよ。

っていうか、昔の友達とも、支援者とも、やっといろいろ繋がってきた。嬉しいな。

いろんな素晴らしい人と繋がって、いろんなアイデアをシェアしていきたい。みんなよろしくね! byみつる

Today's BGM is
Buffalo Springfield/Last Time Around
B000002jkx01_sclzzzzzzz_1バッファローで一番好きなのが三枚目にしてラストアルバムのコレ。昔書いた小説の登場人物にバファローというのを登場させた。好きだったなあ。はっぴいから来てたし、ニールだけ一人そっぽ向いちゃってる感じが大好きだし、ポコもね。色んなエッセンスが凝縮されてんだけど、ソウルっぽいフィーリングとカントリーっぽいフィーリングの綯交ぜな感じがバッファローだと僕は思う。

| | コメント (2)

« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »