« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »

2009年2月15日 - 2009年2月21日の4件の記事

2009年2月20日 (金)

日経ビジネスで宝物探し。

いつか日経新聞に毎日目を通すようなビジネスマンになろうと思っているが、まあなかなか。

せめて毎週「日経ビジネス」でも購読してみることに。

暗いニュースの中から希望の鉱脈を掘り当てるがごとく読み進める、なんていう読み方をしてみると、いくつかの手応えがあってうれしい。

それは、こんな時期に起業する理由探しでもあって。後には引けないし、引く気もないけど、当然不安なわけで。

いろんなところから自分自身を鼓舞してくれる言葉をかき集め、宝物のように大切にしてる。まあ、客観視すると正当化の作業に他ならないのですが…(;;;´Д`)ゝ

日経ビジネスにあった言葉。「」内が引用。

「【顧客重視】という経営方針を唱えることはたやすい。ただ、世界的な不況の今こそ、改めてその言葉の真実味が問われる」。

この不況はCSRへの踏み絵的な試練なのだと感じる。そしてその踏み絵を汚すことは、CSRが中長期的な顧客満足感の向上を目指すという性格上たやすい。

しかし、汚すことなく立ち向かう企業こそが新しい時代を生き抜くためのライフスキルを身につけた企業になるのだと思う。

「今回の不況は落ち込みが激しかった分、立ち上がりも早期に急激に起こると見る。景気回復時に出遅れないよう備えなければならない」

うんうん、楽観的なような気もするが、必ず終わりは来ますよね。今、この時期に何をしているかが重要なのである。

さて、私は本日は例の「市民ケースカンファレンス」でワークショップをやってきます!

人脈作りと、ファシリテーターとしての修行ですね。

でもやっぱり、先日のユースワーカー研究会でも思いましたが、宝物は印刷物からではなく、仲間たちからの励ましが一番ですね。

Today's BGM is
John Lennon/Double Fantasy
Le2711正確には、これと「ミルク&ハニー」のジョンの部分だけ抜いてシャッフルしています。この時代のジョンは、主夫生活を終え後で、なんとも生活者としていながら、元ビートルズな立ち位置で、ラブ&ピースな面影が薄れ、ショーンへの愛情と父親としての自分と夫、男みたいな自分をすごくフラットに歌にしていて、聴いていてとてもリラックスする。まあ、それもこうやって聴くとなんですが。ヨーコが入ると緊張感が高まるのです。

| | コメント (0)

2009年2月19日 (木)

市民ケースカンファレンス ≪リハーサル≫

昨日は、ユースワーカー研究会に参加してきました。

絵の具の香りの残る代々木オリンピックセンター、通称「オリセン」の美術棟で、あっという間に明日に迫ったユースワーカー研究会@横浜開港150周年記念協会で行うワークショップのリハーサルを中心に話し合い。

自分なりに手応えを感じていたワークショップを、研究会の皆さんにも高く評価してもらえたので、自分自身の自信にもなりました。

また、昨日は某大学の社会学の講師と学生一名が参加していたのでアカデミックな感じでした。

やはり視点の違いが面白い。追求していく先の落し所が違うことが新鮮。

ここの議論が面白かったし、ユースワーカーの立ち位置が見えてよかった。

詰まるところ、僕らは研究者ではなく実践者であるということ。

もっと現実的に、或いは理想的な言い方をすれば、僕らは研究者や市民のの意見・声に耳を傾けながら目の前で課題に直面している若者の力になる実践者なのだ。

ということを実感した。

なんで彼がそうなってしまったのか?

その社会的背景を知ること、考えることは非常に重要なことだけど、彼にとって目の前の救いの手を差し出した人間が、それを知ってることはさほど重要じゃない。

彼の母親がどんな社会情勢の中で生活している社会人であるかなんて、彼には関係がないのだ。彼にとって母親は母親でしかありえないのだ。

しかし、ユースワークは、あるユースワーカー個人で完結することはほぼないので、彼を取り巻く大人たちの合意事項として、社会的背景は知っておくべきだと思う。

その合意事項を市民レベルで形成するプロセスとして、市民ケースカンファレンスのワークショップを企画したので、まずは親身になることから始めなければならない。

その点で社会情勢やイマドキのワカモン的総論に走ったり、ゲームやインターネットがいけないなんていう原因追求は、訳知り顔の大人の所詮は他人事的ムードを醸すのでNG。

彼にとってはそれこそなんの意味もなさない。

そこで、ワークショップには以下の四つのルールを設けることが話合われた。

1.正しい情報をシェアする。
2.合意事項はあっても正解はない。
3.発言を否定しない。
4.過去(どうして)よりも未来(どうする)について話す。

これはユースワーカーの心得でもあるという意見があり、ユースワーカー研究会の基本姿勢にもしていきたいと思う。

さてさて、明日はどうなるか?

皆さん、お楽しみに!

Today's BGM is
The Velvet Underground/III
Vu31今までローデットがベストだったけど、今の気分はこれ。なんとも人畜無害に写ったルー・リード。ソファーで寛ぐメンバーたち。VUは過激さとアヴァンギャルドとお茶目さが同居した稀有なバンドであるが、この3rdはお茶目さがVUらしく出ている。バナナの日曜の朝的ナンバーがずらりと並んでいる。生ぬるいとお嘆きのあなたは、たまに「What Goes On」でも聴きながら、もう少し寝かせてみましょう。決して売ってはいけません。

| | コメント (0)

ソーシャル・アーティスト

シェアコロの利用者、特にワークショップやハックを投稿してくる利用者をなんて呼ぶか、ずっと考えてきた。

普通に考えればユーザー。まあ、そう呼んできた。

まだ見ぬ彼らに光を当てたい。ステータスを与えリスペクトを捧げたい。

ワークショップを企画するのは本当にクリエーティブなんであります。

そんな思いから、シェアコロでは社会の課題解決のための企画を考える人として、個人でも企業でもソーシャル・アーティストと呼んで讃えることにしたいと考えています。

そしてオイラ。

名刺を作ってるんだけど、役職じゃなくやってることを一言添えたくて。

いろいろ考えたけど、と書いてる今も迷うんだけど、社会的課題を解決するプラットホームを企画運営してく人という意味で、

ソーシャル・プランナーがいいかなと思ってます。

なんか照れる。

Today's BGM is
Horace Parlan/Us Three
Img555016541 ジャズにファンキーという言葉を当てはめた場合、真っ先に浮かぶのはホレス・パーランである。この場合のファンキーが何を意味するかを考えると音楽の面白みが深まる気がするのだが、まずジャズ・ピアノの美から逸脱しているにも関わらず尚もジャズであるという点。フレーズのエグさと執拗なもでの繰り返しによる高揚感の求め方、この辺はゴスペルのアプローチに似ているのかな?パーランは指が小児麻痺で一部動かない、その指を打楽器的に使ってる気がする。それが臭わんばかりのファンキーなのである。

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

散髪業界の破壊的なイノベーションと経営課題

個人的には価格破壊的な安さを売りにするビジネス・モデルって、ちょっと引くというか、どうなのかしら?なんてことを感じる方であるが、昨日、はじめて1000円カットのQBハウスを利用して、あっさりと感想が変わった。

こうも、あっさりと変わるバックグランド(オシャレ心が芽生えてからはずっと自分で切るか美容院だったせいと、実は美容師の専門学校を卒業し、美容院でも勤務した経験があるせい)ではないので、じんわりと衝撃的である。

QBのHPにもある、シャンプーやひげ剃りなど自分でできることは自分でやり、自分にできないカットだけをしてもらいに行く感じ。実際の床屋でもカットの時間は実は10分程度という事実と、世のおっさんどもの「髪型なんていつも同じで無難がいい」というニーズにばっちりはまっている。

シャンプーやパーマがないから水回りの設備投資が不要なので立地が駅中とか、蒸しタオルや、クビ周りのタオルをペーパーにすることで洗濯や蒸し器がいらない。待ち時間がないから新聞雑誌も置いてない。

ちょっと業界を知っているだけに1000円の秘密が見えて面白かった。もちろん、仕上がりにも満足である。

素晴らしいビジネスモデルだと実感した。散髪業界に破壊的なイノベーションを巻き起こしたこと間違いなし。完璧である。

しいていえば、かゆいとこに手の届かない感じのあのマッサージ!して欲しいっす。と、終わりそうな雰囲気ではあったが、経営者的な角度からこのビジネスモデルの課題を洗ってみたい。

それはズバリ人材の確保に他ならないと思う。まあ、あくまで予想であるが。

僕の利用した店にもスタッフ募集の紙が貼ってあったし、QBハウスのHPで一番目を惹くのがスタッフ募集。

でもって、フランチャイズ制なんで各店舗によってオーナーが違う。ある意味コンビニのオーナーと変わらないんじゃないかな?ここも、なんかこの業界で働きたい若者との精神的な部分でのミスマッチがありありな気がする。

従業員たちのモチベーションが持つのかなと…。当然、世間話なんかしてる雰囲気じゃないし、オシャレ感はゼロ。ホスピタリティも発揮しづらいし、なんと言っても誰でもいい感じで代用のきく技術職って感じ。理美容師専門学校の人気とか、少子化とか鑑みるとこの辺が凄く心配である。

給料面は、普通の理美容室で働くよりスタートはいいけど。

まあ、こんなことを思うのであった。余計な心配┐(´д`)┌ヤレヤレ

Today's BGM is
Rickie Lee Jones/Rickie Lee Jones
Rickyleejonespictures1声のいい美しい女性と、そつのないツボを押させた演奏。ジャケもいいと来たもんだ。S・ガットのリラックスしたドラムや、ニック・デカロやビクター・フィルドマンが素材として彼女を本当に可愛がったんだろうなという音が聴こえる。びっくりなのはプロデューサのラス・タイトルマンとレニー・ロワンカーがリッキーと幼なじみで中ジャケで8歳ぐらいの三人のスリーショットがある!物語としてこれ以上のものはないのでは!

| | コメント (0)

« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »