« 2010年3月7日 - 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »

2010年3月14日 - 2010年3月20日の2件の記事

2010年3月18日 (木)

需要と供給の狭間で売れ残った新卒者たち

今年の春、村で収穫されるキャベツは160個(就職希望高校生16万人)で、食べたがっている人は170人(求人数17万人)です。

一人一個は食べられそうですが、去年よりもキャベツを買う人たちにお金がないので、買おうと思ってる人は半分近く減ってしまいました。

どうやらテレビで聞いたリーマンショックが関係しているらしいです。

キャベツたちは食べてもらえるかちょっと心配です。

さあ、全国いっせいにスーパーの棚に並べられ、キャベツたちが売られていきます。

食べたがっていた人の中には、急にお腹が痛くなったり、用事が出来ちゃったり、お金を別のことに使ってしまった人もいて、まだ50人以上の人がキャベツを買っていません(内定率)。

売れ残っていくキャベツたちは気が気ではありません。自分をよく見せようと必死に努力しています。

食べる人たちも少ないお金をやり繰りして買うので、選ぶのには慎重です。

両手でキャベツを持ち、身の詰まった重い方がどちらか、いい色の柔らかそうなキャベツはどちらか、品定めに余念がありません。

お店の人があの手この手でキャベツを売り込みます。

そしていま、まだ30個(3万人)のキャベツが売れ残っています。このままでは豚の餌になってしまいます。

彼らはいったいどんな運命を辿るのでしょうか?

…………………………

まあ、あんまり良い例えじゃないでしょうが、いろんな問題定義が含まれているような気がします。

この場合、身の詰まった見てくれのいいキャベツを作るという生産者側(教育)の努力を考えるのか。

消費者の需要を煽る景気対策(産業=雇用)が先決なのか。

そういう需要と供給の話しになりがちですが、彼らはキャベツ(商品)ではなく人間なんだよなあ。

高校生の就職内定率、12月末時点で74.8%・「就職氷河期」よりは良好だが前年比下落率は過去最大

大学生の就職内定率 氷河期下回る 過去最低

Today's BGM is
Bob Dylan/Saved
Dylansavedcover 今、この瞬間、ディランは日本にいるんですよ。今日辺りは大阪でしょうか?僕は「そうだ、普段聴かないディランを聴こう」というキャンペーンをMixiで張ってます。誰も賛同してくれませんが(苦笑)。いろいろ聴いてますが、やっぱダメだなあと思ったのは『ディライン&デッド』ぐらいであとはやっぱいいなあ。80年代の音に食わず嫌いがあるんだけど、それを超えてくる曲の良さがあったりして。これはマッスルショールズっす。演奏がいいし、ディランもノッてる。お勧めします。

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

揺るぎあるバイブルを作りたい

ひきこもりやニートを経験した若者への支援を、偶然はじめたのですが、ずっとしているのです。

僕ら支援者は、ある意味で未曾有の経験をしているのに、そのずっとやってる経験が、ザルのように抜けてく気がします。

僕だけですかねえ?

職人みたいな仕事だから継承することが難しいということもあるし、職人の口下手はこの業界にもあるような気がします。

だから、疑うことを知らないタイプの臨床心理士の方などと話してると、たじろぎますよ僕は。

なんなんだ、この揺るぎない確信は…、と。僕は揺らぎまくりなんで。なんでこんな仕事してんだろう、という根幹から揺らいじゃったりして(苦笑)

そういうブレのないタイプの支援者はバイブルを持ってて、僕は持ってない。そういうことなのかなあ、と最近感じます。

多分、終わったと思うとすぐに目の前にまた新たな困難を抱えたクライアントが登場するので、正しくは長期記憶の底の方にどんどん死蔵されてるんだと思います。

このブログを長く御愛読下さっているココロリアンの方(今、考えましたが安楽死をイメージさせるという理由で多分却下されると思います)には、この「死蔵」という言葉にピンと来るかもしれませんね。

シェアコロ立ち上げの前にぐちゃぐちゃといろんなことを考えてた頃、死蔵したアイデア(主にワークショップ)をウェブ上でシェアしながら、それを新たなアイデアに作り替えれる仕組みを提供することが、シェアするココロのビジネスモデルだったのです。

簡単に言うと「後で食べようとリスが土の中にドングリを隠したけど隠したことを忘れちゃってて、あっ!?そういえばあそこにドングリ埋めたよなあ。うんうんそんなのあったなあと今思い出したんだけどもう今はお腹いっぱいだから誰か食べていいよ」ということをウェブ上でしようと。

え、簡単じゃない?いやいやこりゃどうも(植木等風に)

書きたかったのは、この間、面接ロープレを実施してて、ルールがあると俄然力を発揮するタイプと、ルールがあると途端にぎくしゃくしちゃうタイプがいるよなぁ。

って、ことだったんですが…。

どうしてこうなったのかなあ。

そうだ、その死蔵した記憶を掘り起こして、ちょっとバイブルを作ってみようかなあ、と思ったんす。

ただし、このバイブルの道は一本じゃないし、ゴールもまちまち。ある意味で葛藤というブレを意図的に生む作りになってるんだけど、ブレという不安げなフィーリングにアクセスすることでMORE BETTERを導き出す、というコンセプトのバイブル。

書きながら強制的にアイデアを排出してる様を実況中継してます(笑)

以上、現場の石井でした。

Today's BGM is
細野晴臣/はらいそ
73faecf1_2 ところで、最近「MORE BETTER」を頻繁に使用してますが、これはハリーのYMO一歩手前、トロピカル三部作のラストを飾った『はらいそ』の最後のに、ハリーがバタバタと遠くからやってきて言う「この次はMORE BETTERよ!」が僕なりの元ネタです。それにしても演奏が上手い。出たばかりのシンセを程よく使いつつ、世界に通用する演奏を効かせてくれる。ここでシンセに味をしめて次作のYMOで爆発するんだなあ。ハリーよ、長生きしてくれよ。

| | コメント (0)

« 2010年3月7日 - 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »