« 【告知】ワークスタート支援プログラム/2011年度第1回支援者セミナー   働く力を養う実践的就労支援~中間労働・中間的就労を考える | トップページ | 教職員向けキャリア教育をやっています! »

2011年7月18日 (月)

青春相談室「田奈Pass」

7f99e02cd179438e84ca29c2148787fc_7Twitterではお知らせしていますが、6月2日から、横浜パーソナル・サポート・サービス「生活・しごと∞わかもの相談室」(以下PSと略)の出張相談業務として、僕と相棒の小川くん神奈川県立田奈高校で毎週一回相談員として、12:00〜17:00でお邪魔させていただいています。

ここに辿り着くまでには本当に奇跡と出会いの連続で、僕はきっとこの出会いを、後年語り草にするんだろうなという感慨をすでに抱いていています(笑)。

相談室の名前が必要だろうということで、PSの若手スタッフたちとネーミングを考え、青春相談室『田奈 Pass』というネーミングで実施し、校内では僕のこだわった“青春相談室”を抜いて「あ、田奈 パスだ!」なんていう感じで親しまれてきています。

ところで『田奈 Pass』って変な名前ですけど、Pass(パス)には、こんな思いを込めています。

パッション【Passion】情熱、激情 パスポート【Passport】ある目的のための確実な手段、保証 パッシング【Passing】通過 パス 【Pass】面接試験にパスする、一回休む パス・ゴー【Pass Go】うまくやってのける パス・オフ【Pass Of】苦痛怒りなどが消えうせる etc…

『田奈 Pass』のちょっと面白いところは、相談を図書室でやってるところなんです。これは、相談室を特殊な空間にしては生徒が来ないだろうという懸念を払拭するための、僕の思いつきのアイデアなんですが、司書さんが、大変ご理解のあるロック好きの女性で、この申し出を快諾していただけたんです。司書さんとは、毎回どっちがカッコいいロックンロールTシャツを来てくるかの勝負をしていますが、すでにネタ切れですw。

この図書室では、昼休みと放課後、なんとなく僕は雑誌を読みながら、そばにいる生徒に声を掛けたり、PCをしている生徒に声を掛けたり、という感じで、恋愛話も含め、よろず相談を受けながら自己分析のお手伝いとか、そこから始まるコアな相談をしています。

また、5〜6時間目などには、担任からのリファーのような形で、生徒の相談を進路室で聞いています。凄いのは、これが生徒にとっては公欠になるということ。たまに嬉しそうにしながら来る生徒もいます。

まだまだ始まったばかりの取り組みの『田奈 Pass』ですが、全クラスに僕と小川くんのプロフィールを貼ってもらい、配布資料も配っていただいたり、認知度アップの戦略を担当の先生と協力しながらやっているため、校内でのステータスは徐々に上がりつつあるよう思います。

僕自身、イベント的な付き合いしか学校、生徒とはできてこなかったことに歯痒さを感じていたタイミンだったので、非常に嬉しく、ありがたい時間になっています。全国のモデル的な取り組みになるよう頑張っていきたいと思います。“青春相談室”『田奈 Pass』をよろしくお願い致します!

Today's BGM is
Elvis Costello/Kojak Variety
51blxmsp7fl_sl500_aa300_コステロは大好きなボーカリストだ。ただ、このアルバムに手が出たのはギタリストのマーク・リボーの全面参加の方が要素として大きい。リボーを知ったのが忘れもしないトム・ウェイツの『レインドッグ』。このアルバムのギターはチープなトーンといい、奇天烈なフレージングといい耳障り極まりなかった。しかし、その耳障りが癖になる。スケールアウトすればするほどゾクゾクとしてくる。そしてこのアルバムにはカントリーロックギターの名手ジェームズ・バートンも参加している。全編カヴァーの企画アルバム。

|

« 【告知】ワークスタート支援プログラム/2011年度第1回支援者セミナー   働く力を養う実践的就労支援~中間労働・中間的就労を考える | トップページ | 教職員向けキャリア教育をやっています! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【告知】ワークスタート支援プログラム/2011年度第1回支援者セミナー   働く力を養う実践的就労支援~中間労働・中間的就労を考える | トップページ | 教職員向けキャリア教育をやっています! »