« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »

2011年11月20日 - 2011年11月26日の1件の記事

2011年11月20日 (日)

核エネルギー派と自然エネルギー派、あなたはどっち?

いろいろなところで雑感として話しているので、すでにブログでも書いた気になっていましたが、多分、ちゃんとは書いてないのでちゃんと書いてみようと思います。

所謂「社会起業家」と呼ばれる人たちって、このネーミングはともかく、僕はタイトルにした「核エネルギー派」と、「自然エネルギー派」の起業家にわかれるんじゃないかと感じているんです。前持って言っておくと核エネルギーが悪で、自然エネルギーが善というお話ではないですよ。

僕も起業してて、社会起業家の端くれとしてお話をさせていただく機会があったりするのですが、自分はなんか他の起業家の人たちと、情熱の質というか根っこが違うなあ、という違和感を常々持っていました。

これは起業する前、正確には2004年以降、若年者就労支援業界が委託事業で食えるようになってから顕著になってきたことですが、業界の人たちと飲むと僕だけがキャリアチェンジ組で、みんな大学時代から学んでいたり関わっていたり、はじめて勤めたのがNPO法人とかいうキャリアアップ組の人がマジョリティになり始めたころからの感覚です。

この感覚を、僕ははじめ先天的起業家と後天的起業家と整理をして腑に落ちていたんですが、震災以降、今のエネルギーのメタファーがしっくりきてて使っています。ちなみに僕は、自然エネルギー派で、後天的起業家だと痛感していますが、どれぐらい共感が得られるのかな?

不安もありつつ書いてみようと思います。

核エネルギー派の起業家の特徴は、先天的とはじめに表現したように、かなり早い段階から社会的課題に対して個人的な使命感を持っている方が多く、大学時代からNPO法人でボランティアしたり、なんらかの社会的活動にコミットメントしている方々で、その活動のエネルギーは、自分の内側、恐らく思春期に受けた衝撃によって核分裂し続けているような方々だと僕は思っています。

内側からということでいえば、愛する人や家族が社会的課題や病気等になったりして、それを解決したいと活動している方々も、核エネルギー派かなと思います。

周囲の人の印象は「この人の勢いはどこから来るのか?」とか「なにをエネルギーにこの人はこんなに燃え続けていられるのか?」とかでしょう。誰とは言いませんが、会う度に新しいテーマに燃え、「なんなんだろ、このエネルギーは」と圧倒されっぱなし感じな人です。あなたの周りにもしいませんか?

この核エネルギー派は起業家だけではなく、企業やNPO法人に勤めている方々の中にもいらっしゃって活きいきと主体的に仕事をされています。

一方、自然エネルギー派はどんな人か。もう一度言っておきますがクリーンなイメージではないですw。どっちかというと薄汚れていますw。まあ、僕のこととして言わせてもらえば、その業界に辿り着くまでに他の仕事や生き方をしてきているということです。

自然エネルギー派の起業家は、職業として社会的課題を知った人たちではないかと僕は考えています。個人のミッションというよりも職務として、社会的課題に取り組んでいる中で、それが自分のミッションへと転化(点火)した、或は激しく共鳴したタイプなんじゃないかと思うんです。ですから、僕は結果としての後天的という言葉を使っていました。

僕個人を分析すると、この仕事をはじめた当初、共鳴はほとんどしませんでしたが、自分自身の中でかなり強い自己有用感を感じました。平たく言えば役に立てる自信、利用者に対してポジティブなバイブレーションを与えられる感じを得ました。

そしてしばらく働いて、徐々に共鳴度が上がり本腰が入った感じです。この遅れと反応的な感じが風力発電のイメージにつながるんです。ということで、自然エネルギー派の特徴は、内部から湧いてくるエネルギーで活動しているのではなく、外的なエネルギーに強く反応して動いてることだと思います。逆に言えば、風が吹かなきゃ発電することの出来ない風力発電なんです。

僕のTwitterなどを分析すれば明らかになると思いますが、明らかに高校の夏休みなんかはツイートが減っています(苦笑)。これは凪ですw。

僕はこのことにけっこう自覚的で、職業的な取り組みという感覚がどこかにあるんです。だから自分の風車を止めないためにも、社会的課題に自ら首を突っ込んだり、核エネルギー派の起業家の方々の流れに入り込んだりしています。僕の読書は、風車の羽の効率をあげるための自己研鑽だと言い切れます。

なんとも頼りない起業家だと思われるかもしれませんが、僕ら自然エネルギー派には、遅れてきたからこその役割があるんじゃないかと思っています。シェアするココロが支援者支援や、仕組みを作りNPO法人に提供していけないか、ということを考えているのは、まさに自然派の発想で、ダイレクトにコアな課題に取り組むことも大事だけど、そこを団体を超えて発展させていけないかと思うとか、俯瞰したところで見れている気がします。

自然エネルギー派は、このことに自覚的になり、無理して核エネルギー派ヅラしちゃって、核エネルギー派と衝突するのではなく、補完関係を築いていくべきだし、もっと言えば核エネルギー派の方々のお役に立てるよう頑張りたいとさえ思っています。

てなことで、まあ、単純に二つに分けられるとは思いませんが、皆さんは自分をどちらだと思います?

Today's BGM is
Jason Mraz/We Sing. We Dance. We Steal Things.
Jasonmrazwesingwedancewestealthingはまってるんですよね、ムラッチにw。曲がいいというかメロがいいですよね。そしてジャンルを軽々とクロスオーバーしていくナチュラルなミクスチャー感が新世代だなって思う。ベックとかは今思うとあざとかったなあとムラッチを聴いていると思っちゃう。特にアコギがいい感じ鳴ってる曲がいい。話し変わるようだけどショーンはどうしてこういう風にポップに吹っ切れてくれないのかな?


| | コメント (0)

« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »