« 「ピグマリオン効果」(ピグマシオン効果) | トップページ | 世帯の経済格差が、生徒の教育格差になっているga, »

2012年2月25日 (土)

【告知】 多文化子ども支援ネットワークフォーラム 「外国につながる若者の進路サポート」

皆さん、こんにちは。以下のイベントでお話をさせていただく機会をいただきました。
僕自身、外国にルーツを持つ方の支援というのは、まだまだ経験が浅く、今後、知識として身につけたい領域でしたので、学習の機会として、大変ありがたいと思っています。
お志願の合う方は是非!

***********************
多文化子ども支援ネットワークフォーラム
「外国につながる若者の進路サポート」
************************

かながわでは、NGOの活発な取組により、高校に進学する
外国につながりのある若者が増えていますが、彼らの入学後、
そして進路のサポートはどのようになっているのでしょうか。
高校入学を果たす若者たちがいる一方で、困難な進路選択を
迫られているケースもあり、現場では高校以降の進路サポート
に関する情報が求められています。

今年の多文化子ども支援ネットワークフォーラムでは、
「まんが クラスメイトは外国人」の制作に関わられた、
山田泉先生と、大谷千晴さん、また長年にわたり南米系の
子どもたちをサポートして来られ、成人した彼らと今でも
関わりを持ち、個人的に就労支援などをされている
高橋悦子さん他を講師にお迎えします。
過去に国際教室に通っていた若者たちの現在についてお話し
いただきます。進路保障のためには、中学校・高校・高校
卒業後などのそれぞれの時期でどんな課題があり、どのような
サポートが必要なのかについて話し合います。
ぜひご参加ください!

■日時:2012年3月3日(土) 13:00~16:00

■場所:JICA横浜4Fかもめ(横浜市中区新港2-3-1/桜木町駅徒歩15分他)
http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html

■対象:一般 定員70名(先着順)

■申込み方法:1)お名前 2)ご所属 3)電話番号
電話、メール、FAXまたは往復葉書でお知らせください。
※メールでのお申し込みの際は、
「3月3日多文化子ども支援ネットワークフォーラム参加申込」と件名に
ご記入のうえ、お申し込みください。

■問合せ・お申し込み:
(財)かながわ国際交流財団 
多文化共生・協働推進課(担当:みやがさこ)
TEL:045-620-0011/FAX:045-620-0025
E-mail: tabunka@k-i-a.or.jp
ホームページ:http://www.k-i-a.or.jp/?p=1771


■■フォーラム「外国につながる若者の進路サポート」■■

(発題1)国際教室に在籍していた若者たちの進路 
大谷千晴さん(中学校教諭)

(発題2)南米系の若者への進路サポート 
高橋悦子さん(NPO法人日本ペルー共生協会副会長)

(発題3)困難を抱える若者の進路サポートの取組み 
石井正宏さん((株)シェアするココロ代表取締役/
  横浜パーソナルサポートサービス パーソナルサポーター


■■パネルディスカッション■■
 
コーディネーター 山田泉先生(法政大学教授)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
♪♪♪多文化子ども支援ネットワークフォーラムとは?♪♪♪
県内で増加傾向にある「外国につながりのある子どもたち」の
教育面での現状や課題、サポート体制などについて、県内外の
取組みの紹介や調査結果の報告を通して、参加者の皆さんと
一緒に考えていくフォーラムです。
過去のテーマ ↓↓↓ 
http://www.k-i-a.or.jp/tabunka/shien_network.html

************************************************

|

« 「ピグマリオン効果」(ピグマシオン効果) | トップページ | 世帯の経済格差が、生徒の教育格差になっているga, »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ピグマリオン効果」(ピグマシオン効果) | トップページ | 世帯の経済格差が、生徒の教育格差になっているga, »