« 【Ustream】ソーシャルビジネス公開インタビュー第5回に出演しました! | トップページ |

俺がこの仕事を始めた理由

Chapter.1 「Blues=不確実性に身を委ねて」 »

2012年9月29日 (土)

努力はするものではなく、与えられるものだった。

努力とはポジティブな結果期待に向かってするものだと思うんです。誰だって絶対無理だとわかってたらトライしないですよね。

傍から見てる人は「やってみなきゃわからんだろう」と思うわけですが、この、「やってきみなきゃわからない度」をアンケート的に言語化すると以下のようになるでしょう。しかし、この差はどやって生まれてくるのでしょうか?

① 絶対無理だと思う人
② たぶん無理だと思う人
③ ひょっとしたらいけると思う人
④ ダメ元でやってみようと思う人
⑤ やればできると思う人

数字が大きくなるほど、結果期待が高まっているわけですが、この中で実際に行動に移せる人=努力する人は何番の人たちでしょうか?

恐らく①と②は、努力できないと思いませんか?逆に④と⑤は努力しそうですよね。ちょっと脱線しますが、支援者たちは日常的に①と②の人をエンパワメントして③にして、「あ、本当にいけた」というプチ成功体験を演出している人たちだと思います。言い換えれば、支援者たちは努力できる下地をサービスとして提供しているといえるでしょう。

この①〜⑤の人たちの差が、これまでの学習経験から判断を下しているんだろうということはピンと来ますよね。今回、僕が「努力は与えられるもの」だというのは、この学習経験をする機会に出身階層により格差が生じているという事実を苅谷剛彦氏の『学力と階層』で、改めてまざまざと知ったからです。

この学習経験は、このブログで何度か紹介してきたSCCT理論(社会認知的キャリア理論)によると、性別や人種などの「個人的要因」と、その方が育った時代背景等の「社会的要因」で作られるとされており、僕は平川克美氏の『移行期的混乱』を読み、SCCT理論とのクロスで若者と人口減少社会=ゼロ成長社会という、若者が知らずに知らずに受けている「社会的要因」について関心を持ち、『防衛的先送り』ということを考えました。

苅谷氏は、学習経験を学習資本と考えた場合、「経済的資本」と「文化的資本」があるとし、興味深くもショッキングなデータから教育への警鐘を鳴らしています。

僕は常々、経済的資本が少ない家に育ち、今も経済的資本の少ない世帯の主なわけですが(涙)、その割に明るく朗らかに育ちましたし、子どもたちも今のところ明るく朗らかに育っていることに、職業柄か、何か根拠がほしいと思っていましたが、その答えが「文化的資本」だということに気付かされました。

苅谷氏の小中学生に実施した調査では、この「文化的資本」を以下のような項目から上位、中位、下位グループに分けています。

・家の人はテレビでニュース番組を見る
・家の人が手作りのお菓子を作ってくれる
・小さいとき、家の人に絵本を読んでもらった
・家の人に博物館や美術館に連れて行ってもらったことがある
・家にコンピュータがある

ちなみに我が家は胸を張って上位グループだと言えます。ただし、博物館をロック・コンサートと置き換えた場合ですがw。

様々な項目に渡り、上位グループが学習面でも生活面でもしっかりしてることがわかる結果なわけですが、個人的に「努力」について個人的にフィルターをかけた項目を抽出すると、以下のようなものがあります。※以下は全て小学校。中学校はポイントが低くなりつつ、バランスは小学校に準じてる。

「嫌いな科目の勉強でも頑張ってやる」上位74.1%、中位69.4%、下位54.0%
「勉強は将来役に立つ」       上位86.2%、中位78.3%、下位69.7%
「家庭での学習時間(平均時間)」  上位51.2分、中位38.8分、下位35.3分

まあ、何から何まで、家に文化的環境のある子どもたちに良い結果が出てるということです。今後、経済成長が見込みにくい日本の子育ては、文化的資本に特化して行くべきだという考えを僕は持っています。それが経済的資本にアクセスするルート、或いはアクセスせずにも幸福になるルートなのではないでしょうか。

僕が特に注目したいのは「勉強は将来役に立つ」という質問。これはSCCT理論でいう所の結果期待そのものであり、「努力のしがい」であると思うのです。そしてこの努力をすれば報われるという感覚に出身階層が大きな影響を与えていることを「インセンティブ・デバイド(期待格差)」といいます。苅谷氏が指摘するように、このことは、ある意味「それを言っちゃあおしめえよ」的なタブーになっていたように思う。

日本でのメリトクラシーの議論では、生得的な能力よりも努力に大きな比重がかけられてきたといわれてきた。また、海外の研究者による日本の教育研究においても、子どもたちの「努力主義」や「がんばる」ことが、日本の教育の特徴であるという指摘もあった。ところが努力の重要性を指摘する一方で、それが社会的階層とどのような関係にあるか、さらには時代を経てそこにどのような変化が生じているか、といった問題に注目した研究は、日本でも十分に行われてきたとは言い難いのである。『学力と階層』苅谷剛彦より

さらに苅谷氏は踏み込み、父親の職業や両親の学歴などから「出身階層によって努力の量(学習時間)には差があるのか」ということを調査し、その結果を以下のようにまとめている。

いずれの年度においても、父親の職業、両親の学歴と学習時間との関連が見られる。職業については専門・管理職の父親、学歴で見れば、大卒の両親を持つ高校生ほど、学習時間が長くなる。出身階層によって、学習に向けての努力に差異があることが確認できたのである。『学力と階層』苅谷剛彦より

個人的には、アルバイトにも部活にも努力はあるよと反論したい気持もあるけど、「努力のしがい」を感じてる(感じることのできる)人が勉強を選択する感じに、なるほどなと唸るわけです。

最後に、少々長めだけど、一番考えさせられる苅谷氏の指摘に共感とリスペクトを込めて締めたいと思います。

努力の階層差とその拡大という本論文の知見は、メリトクラシーの議論が暗黙のうちに前提としてきた「努力の均等状態」ないし、「努力の平等」という糧に疑義を差し挟む。とりわけ、日本の教育を対象とした議論は、努力主義を強調し「誰もが同じように学校での成功に向けてがんばる(がんばらせる)仕組み」が作動してきたというイメージを作り出してきた。しかし、今や私たちは、そうした努力主義、より正確にいえば、努力=平等主義がイデオロギーにすぎないと指摘できる。 教育達成のにおける「結果の不平等」は、能力の差異のみによってもたらされるのではない。出身階層の影響を受けた努力の不平等もそこに介在したいと考えられる。にもかかわらず、「できなかったのはがんばらなかったからだ」というように、個人の失敗を努力の欠如に帰着するとすれば、日本型メリトクラシーのイデオロギー性は、能力の階層差や結果の不平等を隠蔽してきただけにとどまらない。 このイデオロギーの巧みさは、(略)教育達成における階層差を作り出してきたこと、さらにはそうした社会階層の影響を、努力が平等に存在する(「誰でもがんばれば…」)という幻想によって隠蔽してきたことにある。『学力と階層』苅谷剛彦より

改めて、「努力はするものではなく、与えられるものだった」わけですが、僕は努力を否定する気はありません。努力はするべきです。問題はその努力のアウトプットが見えない(見せてあげれてない)ことなわけですが、僕はアントレプレナーシップ教育のようなアウトプット設計ができる感覚を養うことが重要だと自分自身が起業を決意した瞬間から思うようになりました。このことについてもまたいずれ書きたいと思います。

|

« 【Ustream】ソーシャルビジネス公開インタビュー第5回に出演しました! | トップページ |

俺がこの仕事を始めた理由

Chapter.1 「Blues=不確実性に身を委ねて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Ustream】ソーシャルビジネス公開インタビュー第5回に出演しました! | トップページ |

俺がこの仕事を始めた理由

Chapter.1 「Blues=不確実性に身を委ねて」 »