« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »

2012年1月1日 - 2012年1月7日の3件の記事

2012年1月 7日 (土)

『なぜうつ病の人が増えたのか』の感想ツイートまとめ

Ipad_preview1
昨年から、友人にいただき読んでいた冨高辰一郎氏の『なぜうつ病の人が増えたのか』。日本では99年から急激にうつ病患者が増加したけど、その背景に製薬会社の"病気作り”キャンペーンである「Disease Mongerring」があったからだと本書は指摘している。

僕が若年者就労支援の業界に首を突っ込んだのがほぼこの年。多くのうつ病と言われる人、自分で言ってる人に会ってきたが、正直、この視点は全くなかった。僕が学び、実践してきたことの一部は、本書が指摘している製薬会社の仕掛けた「うつ病はこころ風邪、早期発見早期治療(服薬)」というものが、少なからず影響している。いや、もっと大きいかもしれない。

社会的背景を押さえた上で、支援していかなければならない僕らの仕事では、客観的に知っておいた方が良い情報であると思うので、僕が電車の中から気になった部分をツイートしておいたものをまとめて、紹介させていただきたいと思う。

以下、@masahiroishiiかのTwitterから。

うつ病患者が精神科を受信しない理由。第一位「自力で対処したかった」第二位「ひとりでに改善すると思った」第三位「自分が治療を受けていることを他人に知られたら心配」。『なぜうつ病の人が増えたのか』より。99年から急激に増えたうつ病の理由を探る本を読み始めました。


posted at 08:27:02

うつ病患者数、メンタル休職者数、抗うつ薬の売り上げは三位一体の関係と言ってよいだろう。『なぜうつ病の人が増えたのか』より。98年173億円の抗うつ薬市場が、99年以降右肩上がりに拡大して、06年には875億円まで拡大してる。日本社会の環境変化だけなのか?ってことか。

posted at 09:18:55

SSRIが導入されると、うつ病患者やメンタル休職者が爆発的に増加するという現象は、日本以外の先進国で繰り返されてきた社会現象なのである。『なぜうつ病の人が増えたのか』より。一気にネタばれ感があるが、この本はこの先どう展開されるのか。なんだかドキドキするなあ。

posted at 09:30:57

(うつ病患者が突如増えた)99年は日本に初めてSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が導入された年。99年5月にデプロメール、00年11月にパキシル、06年にはジェイゾロフトが発売された。他の先進国よりも10年遅れで導入された。『なぜうつ病の人が増えたのか』より。

posted at 09:21:11

自殺者数は失業率と対応し、失業率の改善と共に減少しているので、自殺者は経済状況を強く反映していると判断すべきだが、気分障害患者数は上昇を続けているため、増加理由を他の要因と考えるべきだろう。『なぜうつ病の人が増えたのか』より。

posted at 09:10:09

なぜSSRIが導入されるとこれほどまでにうつ病患者が急増するのか、そしてこの現象をどう評価するかだと思う。こういった疑問を考えることが、現在のうつ病問題を理解し、その対策を考える上で重要ではないだろうか。『なぜうつ病の人が増えたのか』より。ここ、ここ!ここが知りたいんです。

posted at 09:26:19

80年代の英国の大不況においても抗鬱薬の処方に大きな変化は見られない。87年SSRI導入。不況が90年代中頃から回復しても、抗鬱薬の処方は右肩上がり増え続けた。抗鬱薬の処方数に影響を与えるのは景気ではなく、SSRIの発売であったことがわかる。『なぜうつ病の人が増えたのか』より。

posted at 09:06:31

効果の低い公共事業に関する世論の目は厳しくなってきている。しかし有効性の低い薬に関しては手つかずと言ってよい。国の歳出に占める公共事業費よりも医療費の方が圧倒的に大きいことを考えると、そういった見直しも必要かと思う。『なぜうつ病の人が増えたのか』より。

posted at 20:52:33

Disease Mongerring とは、製薬会社が豊富な資料を背景に、病気の啓発活動を過剰に行うことによって、必要以上に薬の売り上げを伸ばしているという批判の言葉。病気の押し売り、病気作りと訳されることが多い。『なぜうつ病の人が増えたのか』より。

posted at 08:46:26

製薬会社によるうつ病キャンペーンは、3ステップのメッセージ。うつ病は誰でもかかる病気である(不安)。適切な治療で治る病気である(希望)。早期の受診による治療が重要(行動)。『なぜうつ病の人が増えたのか』より要約。不安、希望、行動は、営業の黄金律。製薬会社社員は6割が営業。

posted at 09:25:30

『なぜうつ病の人が増えたのか』読了。答えは明らかに製薬会社のキャンペーンだ。それで救われた人もいるし、あってもなくても大変な人は大変だろう。ただ、軽いうつ患者を重篤にしていることもありそうだ。支援者として社会的背景を知れてよかった。読みかけの本書をくれた古今堂さん、ありがとう。

posted at 20:50:17


最後に、誤解を招きやすい本書に書かれている大事な視点を引用しておきたいと思う。

患者は「自分がうつ病になったこととSSRIは関係ない」と思うだろう。患者が理解してもらいのは、うつ病の辛さである。うつ病になる前は、SSRIという薬の存在すら知らなかった。本人すら意識していないことを、うつ病患者増加の原因と言われても納得できないと思う。

その通り。僕の目の前にいる相談者が「自分はうつ病なんじゃないかと思うんです」と言った際に、「いや、それは製薬会社のキャンペーンに踊らされているんだよ」なんて言った所でなんの意味をなさない。

Today's BGM is
細野晴臣/HoSoNoVa
Hosonova大好きな細野さんのアルバムが届きました。ますます味わいが増しているなあ。声が更に低くなった!?オリジナル7曲、カバーが5曲。オリジナルもいいんだけど、細野さんのカバーっていいんだよねえ。絶品はチャップリンの「スマイル」。エルビスの「ラブ・ミー」もいいなあ。「ラモナ」のようなカバーなんだけ、細野さんが訳詞をしたものもあり。鈴木茂を変わらず起用しているのも細野さんだね。


| | コメント (2)

2012年1月 2日 (月)

バイターン取説(フリー・ダウンロード)

いいねボタンはFacebookのいいね!ボタンの左2つ目にあり、クリックするとPDFとしてダウンロードされます。

バイターンに興味があり、自分たちもやってみたいけど、どうやって説明しようかな…、というNPO法人職員や地方自治体の職員、また、教員の方々に是非活用していただければと思います。

※本事業は本年1月より企業開拓を開始し具体的に稼働します。よって、本資料には運営マニュアル的なものは含まれておりません。マニュアルは24年度末に、同様にダウンロードしていただけるように致しますので、お待ちください。

※尚、途中経過は、バイターンのFacebookページで適宜ご報告していきますので、是非、いいね!ボタンを押して下さい。http://www.facebook.com/byturn.project

Today's BGM is
Amy Winehouse/Back To Black
51pw6haox1lたった二枚にアルバムを残し去年の夏に急逝したエイミー・ワインハウス。これがラストアルバム。タイトルは明らかにフィル・スペクターの『Back To Mono』の捩りだとわかるほど、彼女はロネッツ周辺の音が大好き。音もこだわりのを感じさせ、僕も気にかけていた女性シンガーなだけに残念なニュースでした。大ヒットした「リハブ」だけを聴くと、ちょっとキワモノ的印象を持ちますが、アルバムの完成度は相当高いです。伝説になるんでしょうが、若いアーティストは後追いしないでほしいな。


| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

「社会変革よりも自己改革」2012年の目標

明けましておめでとうございます。今年は、去年、足場作りをしていた2つの大きなプロジェクトが本格稼働する年になります。まず、ひとつは有給職業体験プログラム「バイターン」。そして、もうひとつは、「大学生の生活満足度調査クォール」です。

バイターンは、就職を希望する高校生のための職業マッチング制度の新たな提案であり、クォールは、大学内で困窮している学生像を明確にしていき、大学内での新たな支援スタイルの提案に結びつけていきたいと考えているプロジェクトです。

個人的には「ハマトリアム・カフェ」を含め(シェアコロ初期造語3部作w)のこれらは、私が起業をして取り組みたいと考えていた予防的支援になっているという点で、まだまだ社会的なインパクトはありませんが、自分たちの果たすべくミッションの一部にアプローチできているという手応えを感じています。

このバイターンとクォールは、既存の仕組みに対する新たな仕組みの提案であり、即ち過去への否定であることは間違いありません。同然、既存の仕組みを運営されている方々もいらっしゃるわけですので、抵抗や批判も受けることになることでしょうし、現にそのような批判もあります。

そんなとき、僕は思うのです。破壊的創造という言葉があるよに、「創造者は同時に破壊者でもある」のです。そして2012年という年は、そういう破壊的創造により、多くのことが刷新されなければならない年のような気がするんです。

僕もモアベターな仕組みをこうして提案し続けていきたいと、日々考えていますが、ただの破壊者にはなりたくはない。では、破壊的創造をする人間とぶっ壊し屋の違いは何か?“破壊した後に生まれる新しい世界へのビジョンを持っているかどうか”だと思うんです。龍馬の凄さはここですよね。

そして、社会変革を標榜する人間の内面の美しさこそが、非常に重要になるんじゃなかいなって思うんです。大好きな佐野元春の「インディビジュアリスト」という歌があり、元春はこんな風に歌っている。「なにも変わらない奴は何も変えられない♪」。そうだ、変わらなきゃならないのはまず僕だろう。

同時に、今日見つけたイチローがアメリカの小学校で子どもたちに向けたメッセージ。「自分を大切にしてほしい。自分を大切にすれば他人も大切にできる」『イチロー262Next メッセージ』より。自分を大切にするというのは、自分を甘やかすということではなく、「限りある自分の人生を真剣に考えてほしい、その上で他者=社会にどうコミットするべきか考えよう」というメッセージだと僕は受け止めました。

そして、僕が今読んでいる『7つの習慣』に出てくる「インサイド・アウト」という「自分自身の内面(インサイド)、パラダイム、人格、動機などを最初に変え、それから、外側(アウト)、他人や環境を変えるということ」という根本ができていなければ、ただの私腹を肥やしたい破壊者になってしまうのではないか。

時代が大きく動く中で、自分のスタンスが定まらず、失語症的状況に陥りがちな毎日で、僕はシンプルな目標を見つけられたような気がしています。

「なりたい自分を考えるよりもなりたくない自分を考えよう」。これは、僕が高校生に伝えているメッセージ。自分も同じ。なりたい自分を考えているとわからなくなる。なりたくない自分から離れるための自己改革。

逆説的かもしれないけど、「社会変革よりも自己改革」ということが、本当に社会を変える術なような気がしてきました。そんな2012年元旦。Year Of The DORAGON。どこまでも自分を昇りつめさせたいと思います。

Today's BGM is
Madeleine Peyroux/Careless Love
Carelesslove330未だに発音できないこの女性シンガーは、地元の音楽仲間の山本さんのお勧めで好きになったアーティスト。ビリー・ホリデイのような歌い方をするんだけど、レディ・デイ的な陰鬱さがなくて僕は好き。バックの演奏もハモンドのヒョロヒョロとした音とかツボ。今、下のYoutubeで知ったけどギター弾きながら歌うんだ。ますます好きになったなあ。


| | コメント (0)

« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »